【いらっしゃいませ!】旅館 大文字屋(山形県・赤湯温泉)丸森隆一さん

  • 2020年2月21日

江戸中期創業の温泉宿

第1035回よその旅館ホテル

 ――歴史のある宿ですね。

「当館は江戸中期の創業と伝えられています。小さな旅館ですが、江戸時代には日本初の実測日本地図を作った伊能忠敬が宿泊したことが測量日誌に記され、明治期には教育家、思想家の新渡戸稲造の定宿ともなっていました」

 ――本館と新館がありますね。

「もともと本館で営業してきましたが、平成20年に隣に新館をオープンしました。本館と新館は渡り廊下で結ばれています。和室、和洋室が本館に15室、新館に13室ございます。新館のうちの3室は半露天風呂付きの和洋室です」

 ――温泉の特徴は。

「源泉掛け流しです。加温なしで人肌にはやや熱めですが、おだやかな湯です。赤湯温泉の周辺は最近ではワインが有名になるなど、ぶどうの栽培が盛んですが、本館の男性大浴場は、壁面にぶどうのオブジェがあしらわれています。本館の女性大浴場は、内湯と露天風呂がございます。新館には、石造りの大浴場があり、男女入れ替え制にしています。このほか貸し切り用に半露天タイプの風呂と内湯タイプの家族風呂があります」

 ――料理は。

「ブランド牛の米沢牛の料理を味わう宿泊プランでは、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きからメインの料理を選べます。地元の食材や郷土の味を生かした会席料理です」

 ――客層は。

「地元山形県をはじめとする近県のほか、首都圏からもお越しいただいております。東北自動車道、東北中央自動車道など高速道路の整備が進んだことで、周遊が便利になりました」

【1泊2食付き(税別)1万円から、米沢牛料理のプランは1万3千円から】

江戸時代中期創業の宿 旅館 大文字屋

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram