【いらっしゃいませ!】ゑびすや(栃木県・那須塩原市)佐藤美佐江さん

  • 2017年7月19日

「温泉おかゆ」が名物

第915回よその旅館ホテル

──元湯温泉はどのへんですか。

 「塩原温泉郷の一番奥、塩原温泉バスターミナルから車で15分ほど上った所で、当館を含め、現在3軒が営業しています。平安初期、承知元年(834年)に空海によって発見されたと伝えられている温泉です」

──湯治場の伝統を残す宿ですね。

 「当館にある『梶原の湯』は胃腸病によく効き、昔はこの湯を煮詰めて胃腸薬『長命丸』を製造、販売していました。今でも当時の許可証があります。館内には飲泉所があり、ぜひ飲んで効き目を実感して下さい。胃腸の調子が良くなった、肝臓の数値が改善したという声をいただいています。私は温泉入浴指導員の資格を持っているので、何かありましたらご相談下さい」

「客室は11室。うち2室が自炊部屋で、9室は賄い部屋(一般客室)です。自炊部屋は湯治目的のお客さまがメインですが、1泊3600円から(税別)と安いこともあって、土曜日などは家族連れやカップルのお客さまも利用しています」

──食事は。

 「ご飯にこだわり、県大田原産『あらい宅』のコシヒカリを毎食出しています。梶原の湯を使った『温泉おかゆ』が当館の名物です。温泉成分のため、ほのかな塩味でコクがあり、もっちりと炊き上がります。朝食で出していますが、おかわりする方が多いですね。また、猪鍋も『臭みがなく、さっぱりしていておいしい』と言ってくれます」

──心がけていることは。

 「笑顔で接客すること。家族経営なので、気取ることなく、家に帰ったつもりでゆっくりと過ごしていただければ」

【賄い部屋は1泊2食付き、平日8千円から(税別)】

関連する記事

復興の先を見据え活性化観光企画人材を育成支援 ──さんりく基金立ち上げの背景は。 「三陸地域の産学官民の連携強化などを支援する『三陸地域総合研究センター』を母体に、『…

続きを読む

犬と一緒に泊まれる 第941回よその旅館ホテル ──セールスポイントを教えてください。 「こんぴらさんの参道にある旅館で、かつ、わんちゃんと一緒に泊まれます。ペット連れ…

続きを読む

数寄屋造りの五つの離れ 第940回よその旅館ホテル ――宿の特長は。 「数寄屋造りの離れの部屋が五つあります。中央に日本庭園があり、それを囲むように離れがあります。落ち…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?