「手ぶら観光」を支援~国交省、補助事業の受付期間延長

  • 2017年11月9日

 国土交通省は、荷物の一時預かりや配送の環境を整備して訪日外国人旅行者に観光を楽しんでもらう「手ぶら観光」を促進する補助事業の応募受付期間を延長した。当初の締め切りは10月31日だったが、12月28日に変更した。順次交付を決定し、予算に達した場合はその時点で終了する。

 対象は民間事業者、地方自治体など。国交省から「手ぶら観光」共通ロゴマーク掲出の認定を受けた団体、または認定が見込まれる団体であることが要件

 荷物の一時預かり、配送を受け付けるカウンターや集荷場、多言語での案内表示などの整備にかかる費用が補助の対象。補助率は3分の1。原則、応募を受けた月の翌月末をめどに交付を決める。

 国交省のホームページなどで応募要領を入手し、地方運輸局などに提出する。

関連する記事

観光庁の職員数は2018年度から、予算上の定員が現行の109人から200人に引き上げられる。国土交通省内や他省との併任(兼任)、官民交流、自治体からの研修の出向者などを合…

続きを読む

農林水産省は農山漁村を訪れる外国人観光客を増やそうと「SAVORJAPAN(農泊食文化海外発信地域)」事業を展開しているが、対象となる農山漁村地域10カ所を新たに認定…

続きを読む

観光産業の力のみせどころ 明けましておめでとうございます。2018年の新しい年を迎え、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 2017年を振り返りますと、訪日外国人旅行…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒