OYOホテル、コロナ影響も稼働率は健闘 

  • 2020年5月26日

 ソフトバンクは11日に行った2020年3月期決算発表の中で、ソフトバンクグループの投資先の一つであるOYOホテルズジャパンに触れ、「新型コロナウイルス影響下でも、業界平均に比べて高い稼働率を維持している」とした。

 観光庁発表による国内ホテルの平均稼働率が1月54%、2月53%、3月32%だったのに対して、OYOホテルの平均稼働率は1月59%、2月62%、3月51%だった。

 OYOブランドとして契約したホテル・旅館の総客室数は、19年12月の5762室に対し、20年3月は5852室だったと明らかにした。コロナ禍で拡大が止まったため、「成長戦略を再構築し、手頃な価格で地域に根差したOYOブランドの確立を目指す」とした。

 新型コロナ関連支援策として、契約宿泊施設のオーナーに一時支援金を提供する「OYOパートナーサポートプログラム」、医療従事者に無料で宿泊を提供する「#ケアする人をケアしよう #CareCare」などを実施中と紹介した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram