JTB商事、外国人材紹介を強化 ゴーウェルと連携

  • 2018年11月11日

 JTB商事(東京都中野区)はこのほど、宿泊施設の人材不足に対応するため「外国人材の紹介」について、東南アジアに特化した翻訳事業や、通訳事業、訪日インバウンド事業などを展開するゴーウェル(東京都中央区)と業務提携を行った。

 ゴーウェルは、日本最大の東南アジア語スクールも運営する。

 同社の外国人人材紹介事業は、タイ、ベトナム、台湾、中国、ミャンマーなどを中心に2千人以上のアジア人材が登録。「優秀な外国人材が数多く登録している」とゴーウェル。

 日本語能力試験で難しいとされるレベルN1~N2、もしくはそれ相当の日本語能力を有する人材を紹介する。一般的な日本語会話が理解できるほか、読み書きも可能という。

 人材紹介事業を開始した当初は、一般の事業会社からの問い合わせや採用が主だったが、最近では旅館・ホテルからの問い合わせが増えている。

 問い合わせ先はJTB商事・旅館ホテル商事部TEL03(6832)4710。

関連する記事

LINEトラベルjpは16日、宿泊施設・航空券・ツアーの旅行キャンセル保険の販売を開始した。 株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区代表取締役社長:柴田啓)は…

続きを読む

白馬観光開発とパナソニック サイクルテックは16日、白馬岩岳を「電動アシストマウンテンバイクの情報発信拠点」化する取り組みで協業すると発表した。 白馬観光開発株式会社(…

続きを読む

機械学習利用のコンサルティングサービスなどを行うTEIT(ティート)は4月16日、外国人観光客向けチャットボットサービス「Hanna」(ハナ)を利用した観光案内の実証実験…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube