JR東日本と東急電鉄、伊豆で観光型「MaaS」の実証実験

  • 2018年10月23日

 JR東日本と東急電鉄は来春、静岡県の伊豆エリアで「観光型MaaS」の実証実験を行う。駅や空港から観光地を巡り、旅館・ホテルに着くまでの2次交通を検索、予約、決済できるスマートフォンのアプリを開発。観光客に利用してもらう。観光客の利便性向上ほか、収集した観光客の移動データを地域観光での課題解決に役立てる。

 MaaSは「Mobility as a Service」の略。2次交通統合型サービスと訳され、少子高齢化に伴う自家用車の減少を踏まえ、欧州などで普及が進んでいる。

 アプリでは、駅から観光施設を数カ所巡り、宿泊施設に着くまでのコースと交通パターンが掲示され、予約が必要なタクシーやレンタサイクルなどは予約、バスは乗り放題パスなどの購入がその場でできる。

 事業は楽天が参画。決済システムの導入などで協力する。

 来年春の「静岡デスティネーションキャンペーン」開催時に実施する。今後は北海道、東北など他の拠点での展開も予定している。実証実験の運営事務局を担当するジェイアール東日本企画は、「伊豆の旅を予定する全てのお客さまにこのアプリを『着地商品』としてお薦めしたい」と話している。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram