HIS、為替差損で純利益5割減 18年10月第3四半期、ホテル事業は好調

  • 2018年9月12日

 エイチ・アイ・エス(HIS)は8月30日、2018年10月期第3四半期(17年11月1日~18年7月31日)の連結決算を発表した。売上高が前年比23.0%増の5104億3800万円、営業利益が同18.1%増の95億6300万円。経常利益は為替差損10億4600万円を計上し同16.1%減の103億1300万円、四半期純利益が同49.3%減の44億4千万円だった。

 旅行事業は、売上高が24.2%増の4548億4800万円、営業利益が16.1%増の51億4400万円。日本での旅行事業は、国内が5月下旬から開始した「スーパーサマーセール」や過去最大級のチャーター便の仕入れ、販売により予約が好調に推移した。海外は、グアムが若干減となるも、韓国の復調や欧州がシニアの早期取り込みにより順調に推移した。ゴールデンウイークは4%増の1335万人だった。また、プロモーション展開やウェブ制作の全国統一化、訪日客に向けては欧米各国での営業強化、法人営業ではソリューションビジネスを強化した。海外での旅行事業は、タイでインドネシアからの受け入れ客が6年ぶりに過去最高となったほか、ベトナムから日本への送客が拡大した。

 ハウステンボスグループの売上高は21.9%増の304億3700万円、営業利益が2.9%減の50億3900万円。ハウステンボスの入場者数は、新スポット「ゆりのドレス」が集客に貢献するなど、上半期から0.7%増の201万9千人だった。

 ホテル事業は、売上高が71.3%増の91億5600万円、営業利益が38.4%増の8億4300万円、EBITDAベースでは49.6%増の18億4500万円。変なホテルの4軒目の開業やウォーターマークホテル長崎のオンライン強化による個人予約が増加するなど好調に推移した。

 九州産交グループは売上高が過去最高の23.0%増の5104億3800万円、営業利益が18.1%増の95億6300万円だった。経常利益は為替差損10億4600万円を計上し、16.1%減の103億1300万円、四半期純利益は49.3%減の44億4千万円だった。

関連する記事

日本旅行は1日、東京の同社内で2019年度入社式を行った。今年度の新卒者採用人数は93人(男性38人、女性55人)。堀坂明弘社長は、旅行業界を取り巻く環境や、環境の変化を…

続きを読む

KNT―CTホールディングスは1日、東京都港区のシェラトン都ホテル東京で2019年度合同入社式を行った=写真。374人の新入社員が出席した。 丸山隆司社長は「KNT―C…

続きを読む

JTBグループは1日、グループ合同入社式を東京都内で開催した。新入社員数は全28社の538人。社長メッセージを発した髙橋広行社長は「一日も早く『自律創造型社員』になれるよ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube