G20観光相会合に向けて倶知安で準備会合

  • 2019年6月12日

各国、国際機関の高級実務者60人が参加

 観光庁は、今年10月に北海道倶知安町で開かれる20カ国・地域(G20)観光相会合の準備会合として、5月24日に同町で高級実務者による会合を開催した。G20各国、国連世界観光機関(UNWTO)の代表ら約60人が参加。観光相会合のテーマ「SDGs(持続可能な開発目標)に対する観光の貢献」に関して具体的な議題などを議論した。

 観光庁の田端浩長官、髙科淳審議官をはじめ、駐日欧州連合代表部のパトリシア・フロア代表・特命全権大使、カナダのギレン・ロワ革新・科学・経済開発省次官、インドネシアのニア・ニスカヤ観光省次官らが参加した。

 高級実務者会合では、テーマの「SDGsに対する観光の貢献」について各国の取り組みが報告されたほか、観光がもたらす利益を地域と分かち合うことなどについて議論。観光が世界のGDPの約9%を占める産業分野であると同時に、SDGsへの役割の重要度が増しているとの認識を共有した。

 同日には準備会合に併せて国際シンポジウム「持続可能な観光による地方創生」が同町内で行われ、各国政府代表団や地域住民ら約600人が参加した。基調講演では、国際機関、アドベンチャー・トラベル・トレード・アソシエーション(ATTA)のシャノン・ストーウェル会長が「アドベンチャー・トラベルを通じた持続可能な観光地域づくり」について語った。

 シンポジウムでは、パネルディスカッションも行われ、「自然環境を守り、活用する観光地域づくり」と「地域の文化を生かした観光地域づくり」について登壇者が意見交換した。主な登壇者は、ニセコ町の片山健也町長、アウトドアスポーツのガイドなど行うNAC(倶知安町)のロス・フィンドレー代表、阿寒アイヌ工芸協同組合の秋辺日出男専務理事ら。

関連する記事

観光危機管理推進事業   沖縄県ホテル旅館生活衛生同業組合は、組合員旅館・ホテルを対象に危機管理に関する勉強会を開いた。同県観光の持続的発展を図るため、災害や事…

続きを読む

GW効果など36都道府県がプラス 観光庁が7月31日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、2019年5月の全国の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比6.5%増…

続きを読む

第1弾に「観光地型」5事業 国土交通省は、ITなどを活用して一元的な移動手段を提供する新たなサービス「MaaS」(マース)の実現を目指して「新モビリティサービス推進事業」…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube