3.9億人の訪日意欲高まる 東京五輪の発信効果大

  • 2022年2月14日

万博誘客にも生かす

 日本政府観光局(JNTO)は、昨年7~9月に開かれた東京オリンピック・パラリンピック大会の訪日プロモーションなどに関する効果測定リポートを1月26日に発表した。広告宣伝やSNS、報道などを契機として、約3・9億人の訪日意欲が新たに高まったと推計した。今後日本で開催される大規模イベントでは、2025年大阪・関西万博への関心が高いことも分かった。

 

■アンケート調査

 欧米豪と中国、韓国、台湾の13カ国・地域の居住者8034人を対象にアンケート調査を実施した。大会の視聴を通じて「日本への興味が強まった」との回答は44.2%だった。

 日本への訪問意欲が従来から高かった層を除外し、大会を契機として訪日意欲が新たに高まったとする回答は全体の38.6%に達した。調査対象の国・地域の人口を基に試算すると、約3.9億人に相当する。

 訪日意欲が高まった理由に「競技の視聴」を挙げたのは21.3%、「選手・スタッフ・関係者のSNS投稿」が18.1%、「東京大会に関連する日本のプロモーション」が16.0%、「東京大会に関連する報道」が14.3%。

 東京大会関連の広告宣伝を契機に「日本への印象が良くなった」という回答は、全体の33.2%だった。印象が良くなった分野は、歴史・伝統文化、有名な観光スポット、景色・風景、食文化などが上位だった。

 東京大会で来日した海外メディア209人にもアンケート調査を実施した。取材で最も日本に魅力を感じたことを複数回答で聞いた結果は、歴史・伝統文化39.2%▽食文化38.3%▽有名な観光スポット29.7%―などが上位だった。「また日本に取材で訪れたいか」の質問には、前向きな回答が82.8%だった。

 今後日本を訪れる際に参加、取材したい関心事は、大阪・関西万博を挙げた回答が、海外居住者で27.0%、海外メディアで16.3%となった。海外メディアは、ワールドマスターズゲームズも20.6%が関心事に挙げた。

 

■プロモーション効果

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram