19年度の草津温泉、入込数327万人で過去最高に 訪日客の依存低さ奏功

  • 2020年5月2日

 草津温泉(群馬県草津町)の2019年度の入込数は前年度比6%増の327万1646人となり、過去最高となった。「(インバウンドに)全面的に依存しない施策が奏功した」と同町観光課。ただ、新型コロナウイルスの影響は3月から顕著に出始め、休館に踏み切る宿泊施設も出ている。

 入込数を月別にみると、年度前半は2桁増が続き、19年6月は22.2%増の24万7971人を記録。ゴールデンウイークや年末年始も当然ながら客足は多く、12月は32万6786人と30万人の大台を超えている。

 宿泊客数は同5.9%増の224万4132人、日帰り客数は同6.2%増の102万7514人だった。

 20年になっても勢いは止まらず、1月は同4.5%増の27万5364人、新型コロナが話題になり始めた2月でも同4.0%増の25万9987人と好調を維持。「卒業旅行などで訪れる人が多かった」(観光課)とみている。

 潮目が変わってきたのは3月からで、入り込みは26万9344人ながらも、伸び率は10.9%のマイナスとなった。宿泊客、日帰りも同様。新規予約が入ってこないため、休館する施設も。

 町は「現状、観光客に来てくださいとは言えない状況」とし、誘客宣伝も見合わせている。ただ、終息宣言が出た後は反転攻勢に出る意向を示している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram