18年度の景気展望、旅館は唯一「快晴」 

  • 2018年10月23日

 帝国データバンクはこのほど、100業界198分野の2018年度の景気展望を天気図にしてまとめた。ホテル・旅館は唯一の最高ランクの「快晴」となった。

 判断理由について同社は「景気の緩やかな拡大のほか、2018年度も引き続き増加が見込まれる訪日外国人旅行者による宿泊需要は堅調さが続く見込み。住宅宿泊事業法(民泊新法)の影響は今のところ限定的とみられ、各社積極的な投資を行う」としている。

 全198分野のうち、快晴はホテル・旅館のみ。以下、「晴れ」が27、「薄日」が64、「曇り」が63、「小雨」が20、「雨」が18、「雷雨」が5。

 前年との比較では、快晴から薄日までの「晴天」が7分野増加。小雨から雷雨までの雨天が2分野減少している。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら