10月の訪日外国人旅行者数、1.8%増の264万人に

  • 2018年12月6日

 日本政府観光局(JNTO)が11月21日に発表した2018年10月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比1.8%増の264万1千人で10月として過去最高だった。前月の9月は台風被害に伴う関西空港の閉鎖、北海道胆振東部地震などの影響で前年同月の実績を下回ったが、増加に転じた。ただ、韓国、香港は、自然災害の影響が残り、マイナスとなった。

 最大の訪日市場となっている中国は7.8%増の71万5300人で、10月として過去最高だった。自然災害の訪日旅行への影響は限定的で、個人旅行が訪日需要をけん引した。

 韓国は8.0%減の57万1200人。JNTOでは「航空座席供給量は増加したものの、昨年は10月だった秋夕(チュソク、旧盆休暇)が今年は9月下旬だったことに加え、人気の旅行先の北海道で発生した地震の影響が一部に残った」と指摘した。下げ幅は前月9月の13.9%減からは縮小した。

 香港は0.9%減の16万9500人。韓国と同様に航空座席供給量は増加したが、自然災害の影響が一部に残った。

 台湾は9.9%減の37万9600人だった。昨年は10月だった中秋節休暇が今年は9月だったほか、昨年は4連休だった国慶節の休暇が今年は1日だったことが影響。台風接近に伴うクルーズの欠航もあった。

 東南アジア、南アジアでは、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インドが10月として過去最高を記録した。タイが13.9%増の11万7900人、フィリピンが12.4%増の4万7300人、ベトナムが21.4%増の3万9400人など。休暇の減少が影響したマレーシアは0.7%減の3万9100人とマイナスだった。

 欧米豪では、政府の訪日旅行の重点市場9カ国全てが2桁の伸び率。米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン、豪州は10月として過去最高だった。JNTOでは、好調の要因を「クルーズ需要や訪日旅行プロモーションの効果」と指摘する。

 主な市場では、米国が14.3%増の14万4千人、豪州が20.2%増の4万7400人、英国が11.1%増の3万6900人、フランスが13.7%増の3万4300人、ドイツが12.8%増の2万4900人などだった。

関連する記事

住宅設備機器などを製造・販売するTOTO(本社=福岡県北九州市)はこのほど、日本に観光目的で来た外国人を対象に「トイレに関するアンケート調査」を行った。それによると、きれ…

続きを読む

海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)と吉本興業、在阪テレビ局などからなる「クールジャパンパーク大阪」(大阪市)は、大阪城公園に開業した劇場型文化集客施設「COOL…

続きを読む

アジア・インタラクション・サポートは17日、「タイ人の訪日旅行に関する意向調査」の結果を発表した。 タイ人向けNo.1の訪日旅行情報サイト「Chill Chill Jap…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube