1〜2月の訪日外客、ビジネス客はプラスに

  • 2012年6月16日

 観光庁はこのほど、東日本大震災の影響を踏まえ、今年1〜2月期の訪日外国人旅行者の動向を分析し結果を公表した。期間中の外国人旅行者数123万3千人のうち観光を目的とする客数を65万3千人、ビジネスを目的とする客数を37万4千人と推計。前年同期と比べると、観光客数は約2割減にまで回復し、ビジネス客は増加していることが分かった。

 訪日外国人消費動向調査からの推計によると、1、2月累計の外国人旅行者数の全体は前年同期比11.5%減だが、観光客数に限ると21%減、ビジネス客に限ると14%増だった。

 観光客数を国別にみると、韓国、欧米、豪州で回復が遅れている。韓国が48%減の17万2千人、英国、ドイツ、フランスの累計が26%減の13万人、米国、カナダの累計が14%減の28万3千人、豪州が26%減の31万7千人。

 一方、観光客数に回復がみられるのは、中国や東南アジア。中国が11%増の12万6千人。タイ、シンガポール、マレーシアの合計は4%増の29万8千人だった。ただ、東南アジアの3カ国は、シンガポールだけをみると約3割減で回復状況にばらつきがある。

 観光客の回復が鈍い韓国、北米だが、ビジネス客では前年同期の水準を上回っている。人数自体は少ないが、台湾も増加が目立つ。韓国は19%増の11万3千人、米国、カナダの合計は22%増の55万2千人、台湾は64%増の3万1千人だった。

 また、1、2月累計の訪日外国人の旅行消費額は、1人当たりの旅行中支出が前年同期を4%上回って人数の減少を補ったため、総額では減少は8%にとどまり、1423億円と推計された。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram