JTBとKNT、東京都北区の「渋沢x北区 青天を衝け 大河ドラマ館」を共同で管理運営

  • 2021年2月15日

 JTBとKNTは、20日にオープンする東京都北区の「渋沢x北区 青天を衝け 大河ドラマ館」を共同で管理運営すると15日、発表した。

株式会社JTB(以下、JTB)と株式会社近畿日本ツーリスト首都圏(以下、近畿日本ツーリスト)は東京北区大河ドラマ「青天を衝け」活用推進協議会事務局から業務委託を受けて、共同事業体として2021年2月20日(土)にオープンする「渋沢x北区 青天を衝け 大河ドラマ館」の管理運営を行い、入場券販売管理・運営業務にあたります。

https://taiga-shibusawa.tokyo/

2021年スタートした大河ドラマ60作目となる「青天を衝け」は東京都北区と縁深い渋沢栄一が主人公。渋沢翁が居を構えた飛鳥山の北区飛鳥山博物館に大河ドラマ館がオープンします。館内は青を基調としたデザインで、入り口には高さ8メートルの大型スクリーンが待ち構え、渋沢翁のイノベーターとしての精神を表現した映像作品が映し出されます。また、「青天を衝け」をもっと知るためのパネルや、撮影等で使用した衣装や小道具などが展示されます。さらに、ブースで撮影した自分の顔がお札の肖像風に変身する北区のお楽しみコンテンツ「なりきり1万円札」も注目です。

館内イメージ館内イメージ

館内イメージ館内イメージ

JTBと近畿日本ツーリストが共に運営
両社とも、大河ドラマ館の運営を担った実績があり、これまでに培ったノウハウを活かし、「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」の運営に取り組んでまいります。

「逆境の時にこそ、力を尽くす」という渋沢栄一の言葉があります。コロナ禍の今こそ、北区を愛し、北区に住み、北区から日本を導いた渋沢栄一翁をシビックプライドの象徴として、その功績および北区飛鳥山周辺の魅力をより多くの人に伝える取り組みに貢献していきます。

JTBと近畿日本ツーリストの役割
JTB : 大河ドラマ館入場券販売に関する全体業務(オンライン販売システム構築、販売管理、コールセンターの開設等)
近畿日本ツーリスト : 大河ドラマ館運営に関する全体業務(入場者管理、展示施設内外の案内、監視、感染予防対策等)

「渋沢x北区 青天を衝け 大河ドラマ館」インフォメーション https://taiga-shibusawa.tokyo/
■開設期間:2021年2月20日(土)~2021年12月26日(日)
■開館時間:通常期9時〜17時(最終入館は16時30分)混雑期9時〜18時(最終入館は17時30分)
※混雑期:3月19日(金)〜5月9日(日)、7月2日(金)〜10月3日(日)
■休館日:毎週月曜日(国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日が振替休館となります)
■料金:大人(18歳以上)800円(640円)、小中高生 400円(320円)、未就学児 無料
※カッコ内は、団体入場券・前売券の料金
■住所:東京都北区王子1-1-3北区飛鳥山博物館内
■主催:東京北区大河ドラマ「青天を衝け」活用推進協議会
■公式サイト:https://taiga-shibusawa.tokyo/

感染症予防対策について
・来場者及びスタッフの感染拡大防止のため、東京都が定める「感染防止対策に向けた基本的な方針」を遵守し、運営を行います。
・来場者及びスタッフに対し、検温、マスクの着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、「新しい生活様式」に基づく行動の徹底を周知し、協力を依頼します。
・オンラインでの日時事前指定制を導入いたします。

公式オンライン予約サイト : https://webket.jp/pc/ticket/index?fc=51108&ac=9000
※ご利用頂く際は、Webketへの会員登録が必要です。(メールアドレス・パスワードのみ必要です。)

緊急事態宣言発出中のご注意
・緊急事態宣言発出中は、1度に入場できる館内入場者数を60名に制限させていただきます。

関連施設情報
・渋沢栄一生誕の地である深谷市にも「渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館」が2月16日(火)にオープンします。https://shibusawaeiichi-fukaya.com/

***********************

■一般のお客様からのお問合せ先
渋沢x北区 青天を衝け 大河ドラマ館 入場券販売管理センター
TEL:03-6903-3901 営業時間:9:00~17:00(大河ドラマ館の開館日に準じます)
※2021年2月19日までは平日9:00〜17:00の受付対応となります

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram