JTB、ナビタイム・マイクロソフトと共同で訪日外国人旅行者向けコンシェルジュアプリ

  • 2018年3月10日

 JTBは2月22日、ナビタイムジャパン(大西啓介社長)、日本マイクロソフト(平野拓也社長)と共同で、訪日外国人旅行者向けコンシェルジュアプリ「ジャパン・トリップ・ナビゲーター」の提供を始めた。観光モデルプランや観光スポットの情報提供やチャットボットによる観光ガイドなどの機能を有している。

 5エリア「北海道」「関東」「京都、大阪」九州」「沖縄」での100通り以上の観光モデルプランやJTBが厳選した訪日外国人旅行者におすすめの観光スポットの情報を提供。ナビタイムジャパン運営の訪日外国人旅行者向けナビゲーションアプリとの連携によって、スポットまでの詳細な移動経路が検索できる。チャットボットによるガイド機能も備える。

 同日に開かれた発表会でJTBの坪井泰博・取締役訪日インバウンドビジネス推進部長は「訪日外国人旅行者の8割は個人旅行者になってきた。個人で旅行するお客さまに旅行前から旅行中まで寄り添いながらサポートできるサービスを提供することで、さらに便利に楽しく、日本を旅行できる」とアプリ開発の意図を語った。

 JTBは、アプリを通じて得た訪日外国人旅行者のデータを活用し、訪日外国人誘客を進める自治体やインバウンドビジネスに課題を持つ企業にインバウンドソリューションを提案していく。

関連する記事

インバウンド専門旅行会社のTASは、環境省と国立公園オフィシャルパートナーシップを締結した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を展開する株式会…

続きを読む

観光庁はこのほど、国税庁の集計を基に、2018年4月1日時点の消費税免税店数を発表した。全国の免税店数は4万4646店で、前回調査の17年10月1日時点に比べて1855店…

続きを読む

国際機関ICCA(国際会議協会、本部=オランダ・アムステルダム)がまとめた国際会議統計(暫定値)によると、2017年の国際会議の開催件数は、日本が前年比4件増の414件と…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会