韓国観光公社東京支社、アフターコロナ対応策「韓国リカバリー2020」発表

  • 2020年5月23日

 韓国観光公社(KTO)東京支社(鄭辰洙支社長)は1日、アフターコロナに向けた東京支社の対応策(案)を発表した。6月から来年2月にかけて「韓国リカバリー2020」キャンペーン(CP)を推進する予定。CPなどを通じ、韓国旅行の活性化に取り組む。

 KTO東京支社では、新型コロナウイルス感染拡大から少しずつ落ち着きを取り戻しつつある韓国内の状況を踏まえ、日本が安定期に入ってからの対応策(案)を準備している。(1)対応(準備期、6~7月)韓国旅行イメージ回復CPによる基盤作り(2)回復(集中期、8~10月)韓国旅行雰囲気造成誘致マーケティング(3)飛躍(拡大期、11月~来年2月)全方位マーケティングを通じた韓国旅行訪問持続―の3ステップでCPを推進していく予定だ。

 対応期は、(1)ファッション誌や情報誌、ウェブ、SNSを活用し、訪韓意識の高い若年女性層に向けて広報強化(2)大型OTA共同「リカバリーCP」開始(韓国旅行特集ページ開設)(3)主要旅行会社共同「リカバリーCP」協議(4)航空会社、JATAなど関連機関共同での事業推進を検討―を行う。

 回復期は、(1)本格的な訪韓イメージ回復に向けた集中広告実施(屋外、オンライン)(2)ブランド広告連携特別プロモーション、OTA会員対象特典CPなどOTA共同「リカバリーCP」の本格展開(3)主要旅行会社共同「リカバリーCP」開始(4)「2020韓国テーマ観光説明会」の開催(夜間観光などテーマ素材紹介)(5)ツーリズムEXPOジャパン参加(6)「More Korea」韓国観光トークイベント開催―に取り組む。

 飛躍期は、(1)「韓国旅行」活性化に向けたメディア活用(TV、オンライン)(2)年末年始などOTA×LCC共同で「リカバリーCP」拡大推進(3)旅行会社共同「リカバリーCP」(ターゲット別、テーマ別)拡大(4)団体、インセンティブ市場の復活事業の推進(モニターツアーなど)―を展開する。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram