遠鉄観光開発、浜名湖のホテルの名称変更し新装オープン

  • 2009年7月4日

ホテルウェルシーズン浜名湖

ホテルウェルシーズン浜名湖

 遠鉄観光開発(静岡県浜松市、堀田隆壽社長)が運営する浜名湖かんざんじ温泉の「遠鉄ホテルエンパイア」が6月29日、館名を新たに「ホテルウェルシーズン浜名湖」としてリニューアルオープンした。エンパイアは主に団体客を中心に誘客していたが近年、旅行形態が団体から個人・グループにシフトするなかで、その変化に対応した。50〜60代の女性客を核とした少人数グループが主要ターゲット。

 ホテルに併設する形で、県下最大規模の日帰り温浴施設「華咲の湯」も新設。ホテル宿泊者も利用できる華咲の湯の延べ床面積は9951平方メートルで、趣きの違う3種類の大浴場を用意した。風呂の総数は、岩風呂やシルクバスなど25カ所で、源泉かけ流しと循環ろ過装置を使った風呂がある。食事処とリラクゼーション施設もそれぞれ3カ所設けた。「温泉街全体の活性化が狙い」(堀田社長)。

 新しい客室棟の「ガーデンコート棟」は、4階建ての全80室。部屋からは四季折々の風景が楽しめる庭園が望める。和洋室や和モダンタイプなど、5つのタイプを用意。車椅子対応のユニバーサルステイタイプもある。エンパイアの別館は「スカイコート棟」(全42室)としてリニューアル。すべて落ち着いた和室タイプで、全客室からは浜名湖やサンセットを眺望できる。

 ホテル内には宿泊者専用の露天風呂を新設。食事は、ビュッフェスタイルと半個室風のスタイルから選べる。宴会場とコンベンションホールも用意した。総事業費は33億4000万円。年間の集客見込みは、日帰りと宿泊を合わせて30万人。

ホテルウェルシーズン浜名湖
ホテルウェルシーズン浜名湖
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram