通訳案内士法・旅行業法、改正案が成立

  • 2017年6月4日

 政府が提出した「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」が5月26日の参院本会議で賛成多数で可決され、成立した。

 通訳案内士法の改正では業務独占の規制を廃止し、名称独占の規制とする。誰でも有償でガイド行為ができるようになるが、有資格者以外は「全国通訳案内士」「地域通訳案内士」などの名称、類似名称を使用できない。

 旅行業法の改正では、ランドオペレーター(旅行サービス手配業)に登録制を創設する。下限割れ運賃でのバスの手配や外国人客の土産店への悪質な連れ回しなどの防止につなげる。

 また、着地型旅行の造成、販売を促すため、旅行業務取扱管理者に「地域限定」の資格を新設。旅行業務取扱管理者を営業所ごとに1人以上選任するとした基準も一定の要件の下で緩和して兼任を認める。

関連する記事

日本航空グループ(JAL)と全日本空輸グループ(ANA)はこのほど、8月の国内線運航実績をそれぞれ発表した。利用旅客実績は、JALが前年同期比1.4%減の331万9474…

続きを読む

ターキッシュ エアラインズは、羽田・イスタンブール直行便を来年3月30日から新規就航する。 ターキッシュ エアラインズ(Turkish Airlines 本拠地:トルコ・…

続きを読む

シートリップは、「Trip.comアプリ」が2019年の米Googleマテリアルデザイン賞を11日に受賞したと発表した。19か国語対応のインクルーシブなデザインが高い評価…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube