読売旅連など、10地区会の活動強化し誘客へ

  • 2009年7月18日

約500人が集まった連盟・協会の合同総会

約500人が集まった連盟・協会の合同総会

 読売旅行協定旅館ホテル連盟(佐藤信幸会長=山形県・日本の宿古窯、802会員)と読売旅行契約指定協会(中島四郎会長=島根県・鴎外村ふる里、736会員)は13日、東京の京王プラザホテルで総会を開き、北海道から沖縄まで、全国10地区会の活動を強化し、地域への誘客を図るとした今年度事業計画を承認した。人事では、契約指定協会で任期満了に伴う役員改選があり、中島会長の続投を決めた。

 旅連、契約指定協会それぞれの総会で今年度事業計画を承認したあと、両団体合同の総会を開いた。

 連盟の佐藤会長は「リーマンショックと新型インフルエンザが観光に大きな影響を与えている。ただ、昨年10月に観光庁ができ、国で観光を推進する体制が整った。地域を観光で盛り上げようという機運が出てきている。読売旅行と力を合わせて難局を乗り越えていきたい」とあいさつ。

 協会の中島会長は「読売旅行は全国に100カ所近い営業所を展開している。誘客事業を行う上で、最高のパートナーだ。今、進めている地区会の誘客イベントも軌道に乗っており、これを質量ともに充実させていく」と述べた。

 読売旅行の巣瀬一社長は、会社の昨年度の業績と今年度の営業方針を説明したあと、「地区の活動が重要だ。地域の隠れた素材を商品化し、誘客に結び付けることが地域貢献にもつながる。皆さまと手を携え、しっかりと取り組みたい」と述べた。

 連盟・協会では全国10地区会ごとにオリジナルイベントを行うなどして、会社と共同で地域への誘客事業を推進している。今年度も同事業を継続するほか、推進体制をさらに強化。地区会の事務局長はこれまで会社の営業所次長が務めていたが、この日から営業所長の担当とした。4月10日には初の地区会代表者会議を開き、誘客活動を継続推進することを確認している。

 会社の昨年度の業績は、取り扱い人員が前年度比18万人減少の460万人。宿泊券、食事券の取り扱いが同96%。今年度は「4〜6月は厳しいが、7〜9月の受注がいい。この勢いで10月以降も乗り切りたい」(巣瀬社長)としている。
 契約指定協会の新役員陣容は次の通り(敬称略)。

 名誉会長=土井誠(読売旅行取締役会長)、巣瀬一(読売旅行代表取締役社長)▽最高顧問=中村清賢(茨城・水戸ドライブインひたちの里)▽会長=中島四郎(島根・鴎外村ふる里)▽副会長=松井道昭(京都・松井物産)、西村好平(香川・にしきや)、久保田徹(沖縄・優美堂)、佐藤雅高(宮崎・千穂の家)、小野寺邦夫(岩手・平泉レストハウス、昇任)、村上光田(長野・福生院、昇任)、松尾建二(北海道・松尾ジンギスカン、昇任)

約500人が集まった連盟・協会の合同総会
約500人が集まった連盟・協会の合同総会
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram