観光庁 宿泊施設向けにPMS導入・更新を補助 第2期公募スタート

  • 2022年11月17日

 観光庁は7日、2021年度補正予算を活用した「宿泊施設のデジタル技術を活用したサービス提供体制強化事業(宿泊施設インバウンド対応支援事業)」の第2期公募を開始した。地域全体で収益向上を目指す宿泊事業者を対象として、宿泊施設管理システム(PMS)の導入や入れ替え、カスタマイズなどに補助金を交付する。締め切りは来年1月13日だが、申請額が予算の上限に達した場合、前倒しで終了する。

 応募できるのは、(1)宿泊事業者などの団体(原則5者以上の宿泊事業者や関連事業者などで構成される団体)(2)宿泊事業者団体などの構成員である宿泊事業者(3)DMO(候補法人を含めて観光庁の登録を受けた法人)、または、自治体と連携して地域の訪日外国人の宿泊者数を増やす取り組みを具体的に行っている宿泊事業者。

 審査を経て団体、グループなどが採択された後、宿泊事業者による申請手続きを経て個別の事業に補助金が交付される。

 補助対象となる事業は、▽PMSのうち、オンプレミス型の導入・更新、クラウド型の導入▽情報管理の高度化につながる既存PMS本体の入れ替え▽PMS本体を周辺・外部システムと連結するために必要なカスタマイズ。

 補助率は3分の1。補助上限額は1施設当たり300万円。

 公募要領などは、事業事務局のウェブサイト(https://skhk-digir4.net)に掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram