草津温泉応援の動き ツアー造成や通訳サービス

  • 2018年2月13日

 群馬県の草津白根山噴火の直接的な影響がないにも関わらず、草津温泉の旅館・ホテルでは宿泊予約キャンセルが相次ぎ、風評被害に頭を悩ませている。そんな草津温泉を応援する動きも出てきている。
 
 東京・銀座のぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)は東武トップツアーズと連携し、2月25、26日と3月2、3日の2回、草津温泉に1泊するツアーを実施する。

 2月のツアーは25人を募集。ぐんまちゃん家の宮崎信雄所長も添乗する力の入れようだ。「東武トップツアーズはぐんまちゃん家限定として、通常のツアー料金から1人2500円引いてくれた」と感謝する。

 宮崎所長は「風評被害払拭に向け、できることは何でもやりたい。旅行会社に対しても草津温泉のツアーを組んでくれるよう積極的にアピールしていく。ぐんまちゃん家を利用した観光PRも大歓迎だ」と話す。

 電話を介した通訳サービスを提供するビーボーン(福岡市)は草津温泉応援ダイヤル(092・687・6755)を開設した。草津地域の事業者(旅館・ホテル、病院、警察など)と草津を訪れる外国人旅行者らに対し、多言語コールセンターサービスを無料提供するもので、5月10日まで実施する。

 「2月中旬には春節、4月初旬はソンクラーン(タイ)とアジア圏の大型連休が控えており、草津にも多くの外国人が訪れることが予想される。観光関連事業者だけでなく、病院、警察、消防なども含め、エリア全域での通訳依頼に無料対応する」と同社。

 全国旅行業協会(ANTA)は2日、警戒区域外の草津温泉や周辺観光施設に風評被害による観光需要への悪影響が生じているとして、「旅行者または旅行予定者からの問い合わせなどに際し、政府や都道府県、市町村等の公表する情報を踏まえ、正確な情報提供を行っていただきたい」と会員に呼びかけた。

関連する記事

大分県は1日、国東半島の魅力を紹介するイベント「『開山1300年、今こそ知りたい六郷満山』~大分・国東半島の秘められた魅力~」を東京・銀座のアンテナショップ「坐来大分」で…

続きを読む

一般社団法人信州上田観光協会は、草刈正雄氏が信州上田観光プレジデント(平成29年4月1日(日)~)を務める長野県上田市の魅力を伝える「MISSION 上田の魅力を攻略せ…

続きを読む

洲本温泉事業協同組合(兵庫県洲本市)が開発していた洲本温泉新泉源「うるおいの湯」がこのほど開湯し、1月26日に開湯式が行われた。 新泉源は地下約1500メートルから掘削…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?