英国教育代表団がトラベルジャーナル学園を訪問

  • 2007年6月9日

 英国の専門学校や教育機関で構成される教育代表団が5月29日、学校法人トラベルジャーナル学園ホスピタリティツーリズム専門学校を視察に訪れ、同校代表らと教育現状などについて情報・意見交換を行った。

 代表団は英語教育機関からイングリッシュUK(英国英語語学学校協会)、継続学習・専門学校からオックスフォード&ウエルヴァレイ・カレッジなど計6人。

 冒頭あいさつで東條仁英校長は「急成長の時代にあった旅行業界への人材輩出を目的に発足したが、学科増設に伴い、4月から名称を変更し、当校の経営理念と教育方針に掲げる“ホスピタリティ”を校名とした」などと同校の現状を説明。国際的感覚を身につけた人材育成に向け、米国とオーストラリアで現地インターンシップを組み入れた留学制度を設けている点などに言及した。

 一方、英国側を代表して、シティ&イズリントン・カレッジのフランク・マクラフリン学長が英国の継続学習や専門学校の仕組みを説明。

 英国内に約360ある専門学校では、16~18歳を中心に、大学進学を目指す学生に向けたアカデミックプログラムのほか、スキルの維持、向上を目的とした就職プログラムを用意している。対象はツーリズムやエンジニアリング、美容関係など幅広い。また、代表団から東京校に対し、英国で語学研修などと組み合わせた職業トレーニングなど留学プログラム導入の可能性について質問が寄せられるなど、活発な意見交換が行われた。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram