総務省と鳥取県、全国市町村サミットを10月に米子市で開催

  • 2018年9月7日

 総務省と鳥取県は10月11~12日、同県米子市で「地域の元気創造 全国市町村サミット2018」を開催する。全国の市町村長らが一堂に会して議論、交流を図ることで、地域活性化の一層の進展、普及を図る。

 西村幸夫・東大名誉教授が「鳥取で考えるこれからのまちづくり」をテーマに基調講演。その後、三つの分科会で「地域資源を活用する」などをテーマに市町村長が事例を発表。コーディネーターは筒井一伸・鳥取大地域学部教授らが務める。

 このほか、ゲストスピーカーによるプレゼンテーションやパネル討論を行う。2日目は大山寺・大神山神社や地域交流拠点などを視察する。

関連する記事

SAVORJAPANは、農泊を推進している地域にあって、農林水産物を使った「食」を核に、景観などの観光資源を組み合わせて観光ルートを設定、「SAVORJAPANブラン…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の10月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は4739億7800万円で、前年同月比2.6%減と2カ…

続きを読む

円滑な出入国や滞在環境の整備に充当 外国人、日本人の出国ごとに千円を徴収する国際観光旅客税の徴収が7日に始まった。政府の2019年度予算案には、国際観光旅客税を財源とする…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube