箱根一の湯、障害者雇用を促進

  • 2019年12月19日

 箱根で温泉旅館を展開している一の湯(神奈川県箱根町)はこのほど、障害者雇用を「able(エイブル)雇用」と名付け、積極雇用を進めることを発表した。年齢や性別、障害の有無を問わず、全ての人が共に支え合いながら生き生きと生活できる「共生社会」の形成に貢献する。

 able雇用の名は、障害者雇用という言葉に「もっとポジティブなイメージが湧くような名前にしよう」と同社内で議論して決めたもの。「あれもできるし、これもできる」と、活躍できる業務や可能性があると確信し、ポジティブな思いをシンプルに表して名付けた。

 同社は、able雇用を進めることで、(1)多様な人材の確保…人材不足の中、意欲と能力を持つ優秀な人に活躍の場を提供し、企業としても成長する(2)職場環境の改善…マニュアルの整備や業務の標準化、効率化、組織体制の改善など多様な人材が活躍できる環境を作り、絶えず改善活動を進める―の二つの効果を期待している。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram