正社員不足割合、旅館・ホテルが2位に

  • 2019年9月11日

前年比23ポイントの大幅増

 帝国データバンクは7月、人手不足に関する企業の動向調査を行った。従業員不足の企業割合を業種別に見ると、旅館・ホテルが正社員で2位、非正社員で5位と、ともに上位を占めた。特に正社員不足が前年調査比で22.7ポイント増と大きく増えている。

 調査は7月18~31日、全国2万3650社に実施。このうち1万91社から有効回答を得た。

 正社員が不足していると回答した企業割合は、全体で48.5%。昨年7月の前回調査(50.9%)から2.4ポイント減と、依然高水準ながら若干の減少が見られた。このほか適正が42.2%で、同0.9ポイント増。過剰が9.3%で、同1.5ポイント増。

 業種別では、情報サービスが74.0%で1位。旅館・ホテルが70.8%とこれに続いた。以下、メンテナンス・警備・検査(68.4%)、建設(67.5%)、農・林・水産(64.9%)などの順。

 これら上位10業種では、旅館・ホテルの上昇幅が最も大きかった。

 一方、非正社員が不足していると回答した企業割合は、全体で29.8%。前回調査(33.0%)から3.2ポイント減と、正社員同様減少した。このほか適正が62.6%で、同1.8ポイント増。過剰が7.7%で、同1.5ポイント増。

 業種別では、飲食店が80.0%と1位。以下、飲食料品小売(63.6%)、各種商品小売(62.2%)、娯楽サービス(61.1%)、旅館・ホテル(56.5%)が続く。

 旅館・ホテルは前回調査(50.0%)から6.5ポイント増加。正社員不足ほどの上昇幅ではないが、2年前調査(37.5%)に比べると19.0ポイント増と大きく増えている。

関連する記事

宿泊施設専門の総合情報システム会社、タップ(東京都江東区、林武司社長)は10月31日、「タップユーザー会」を帝国ホテル東京で開いた。同社のユーザー施設を中心に約400人が…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。 同月のサービス産業の事業従事者数は、宿泊業が前年同月比3.4%増の73万3400人と、5カ月連続で増加し…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の8月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は前年同月比17.8%増の6798億6800万円と8カ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube