東海道新幹線、GWの利用順調

  • 2019年5月16日

 JR東海は7日、東海道新幹線と在来線のゴールデンウイーク期間(GW、4月26日~5月6日の11日間)の利用状況を発表した。「天候にも恵まれ、ともに大きな輸送障害もなく、おおむね順調に推移した」(同社)。

 新幹線の利用人員は上下計で457万9千人となり、前年比で18%増。利用ピーク日は、下りが4月27日(26万8500人、前年ピーク日比較14%増)、上りが5月5日(25万9400人、同9%減)となった。

 在来線特急列車の利用人員は上下計で23万2千人となり、前年比で24%増。利用ピーク日は下りが4月28日(1万2900人、前年ピーク日比較12%減)、上りが新幹線と同じ5月5日(1万3200人、同前年並み)だった。

関連する記事

ホームアウェイは23日、JALと戦略的パートナーシップを開始した。 世界最大級のバケーションレンタルサイトのホームアウェイは、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取…

続きを読む

日本旅行はこのほど、小・中学生の子ども向け会員組織「トムソーヤクラブ」の今年度夏休み商品を発売した。八丈島(東京都)での「海と星空キャンプ」、苫小牧(北海道)での「北の大…

続きを読む

JR四国は7日、ゴールデンウイーク(4月26日~5月6日の11日間)の利用状況を発表した。瀬戸大橋線は34万3500人、主要3線区(予讃線、土讃線、高徳線)は16万380…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube