日観振関東、丸の内KITTEで冬早春の旅アピール

  • 2019年1月12日

 日本観光振興協会関東支部(前川忠生支部長)は12月20~22日、東京・丸の内のJPタワー・KITTEで「東日本エリア選抜冬早春の旅 観光&物産展」を開いた=写真。

 参加したのは青森県や山形県、宮城県、千葉県、新潟県、山梨県などの観光団体で、観光パンフレットの配布や物産品販売などを通じて、これからの冬や早春の魅力をアピール。ステージイベントではご当地キャラクターや観光大使も登場、華を添えた。

 関係者の1人は「年末年始の予定が決まっていない人もいたので、今からでも間に合う見どころを紹介した。お役に立てたらいいのだが」と話していた。

関連する記事

和歌山県・和歌山県観光連盟は10月11日(金)、和歌山の清流とその水がつくる絶景・温泉・食などの魅力を発信するシンポジウムを東京都内で開催する。 「水」というテーマ…

続きを読む

体験型観光の振興に取り組んでいる全国組織「全国ほんもの体験ネットワーク」(藤澤安良会長)の第26回総会が7日、高知県四万十市で開かれた。全国から約60人が参加した。「全国…

続きを読む

静岡県は4日、「ふじのくに静岡観光大商談会in東京」をハイアットリージェンシー東京で開いた。旅行会社やメディア関係者約160人が出席。県内施設・市町村団体からは約15…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube