日本添乗サービス協会、「インバウンド業務検定(仮称)」を厚労省に申請へ

  • 2018年4月13日

 日本添乗サービス協会(TCSA)は、「インバウンド業務検定」(仮)を厚生労働省の「技能検定」(国家検定)に申請する準備を行っている。7月ごろの申請を目指す。三橋滋子会長=写真右=が3月22日、2018年度通常総会の終了後に行った記者会見で明らかにした。

 インバウンド業務検定は、インバウンドスタッフの技能を客観的に判断できる検定制度。三橋会長は「トライアルの試験を何度か行い、申請書の提出をするばかりになっている。厚労省がいろいろな業務の検定作業に追われており、当協会の申請書は7月頃ごろには受理されるのではないか」と申請の見通しを示した。

 TCSAでは、インバウンドスタッフの育成を目的とするテキスト「インバウンド業務入門」も昨年9月に作成した。インバウンドスタッフとしてのサポートや接遇マナー、外国文化の知識、実務英語などインバウンド業務についてまとめた。TCSA会員の添乗員派遣会社だけでなく、訪日外国人と接する宿泊施設や輸送機関の現場でも活用できる。販売価格は2300円(税込み)。

関連する記事

東急電鉄は、外国人観光客向け「TOKYO GUIDE&TOKYU LINES」を発行し、沿線のインバウンド観光を強化する。 当社は、今後2020年の東京オリンピック・パ…

続きを読む

エクスペディア グループは、2018年の日本の宿泊施設の需要に関する分析を発表した。 世界 75 カ国以上、35 言語で多彩な旅行ブランドを展開する世界有数の旅行プラット…

続きを読む

訪日旅行専門の旅行会社TASは19日、京都市上京区の立本寺内に宿坊「立本寺 四神閣」を開業したと発表した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube