日本旅館協会東北の7月宿泊人員、インターハイ反動で減

  • 2018年8月30日

 日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、会員旅館を対象に毎月実施している宿泊実態調査の今年7月の結果をまとめた=表。東北6県の合計では、前年同月の実績に対して宿泊人員が4.9%減、売り上げが5.1%減となった。マイナスの要因は、昨年7、8月に南東北で全国高校総合体育大会(インターハイ)が開催されたことに伴う反動減とみられる。

 回答施設数は東北6県に所在する旅館100軒。

 昨年のインターハイ会場だった南東北の今年7月の宿泊人員は、宮城県が18.4%減、山形県が11.5%減、福島県が11.7%減となり、3県ともに売り上げも減少した。このうち宮城県は、昨年7月31日~8月4日に開催された全国高校総合文化祭の反動減も加わったとみられる。

 一方で青森県、岩手県、秋田県は、宿泊人員、売り上げともに前年同月の実績を上回った。

 今年1~7月累計の宿泊人員は、青森県が7%増、岩手県が3%増、秋田県が7%増、宮城県が4%減、山形県が6%減、福島県が1%減となった。

関連する記事

プレイスマネジメント研究所が9日発表した「オフィス立地ブランド調査 2018」は、1位丸ノ内・2位大手町・3位日比谷有楽町などとなった。 働く環境に関する調査・コンサルテ…

続きを読む

IRのメルコリゾーツは9日、2018年第3四半期決算を発表した。 マカオ・コタイ地区において世界有数のゲーミングおよびエンターテインメントリゾート施設であるスタジオ・シテ…

続きを読む

JALとauは5日、次世代通信規格「5G」を用いた空港サービスの実証実験を開始すると発表した。 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下JA…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube