新型コロナが影響 JATA旅行市場動向調査、国内DI大幅に低下

  • 2020年4月2日

 日本旅行業協会(JATA)は3月12日、会員各社と中連協会員各社に対し四半期ごとに実施している「旅行市場動向調査」の2020年3月期結果を発表した。国内旅行の現況(1~3月)は、景気動向指数DIが3カ月前(10~12月)から35ポイント減となるマイナス46。「新型コロナウイルス感染症の広がりにより全方面、全客層で低下した」とJATA。

 3カ月後(4~6月)はマイナス38、6カ月後(7~9月)はマイナス23と回復する見通し。方面別に見ると3カ月後は「東北」が6ポイント、「北海道」が2ポイント、それぞれ上昇する見込み。

 訪日旅行の現況は81ポイント減のマイナス77と大幅に低下。新型コロナウイルス感染症の拡大により特に中国からの訪日客が減少したことが影響した。3カ月後はマイナス68、6カ月後はマイナス32と回復はするもののマイナス圏を脱しない見通し。

 海外旅行の現況は、49ポイント減のマイナス68。3カ月後はマイナス63、6カ月後はマイナス38となる見込み。

 調査は2月3~21日にJATA会員、中連協会員の637社にインターネットで実施。311社から回答を得た。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram