山形・庄内、東京で「地酒と旬の食による感謝の夕べ」開催

  • 2012年6月16日

感謝を伝える庄内地方の観光関係者

感謝を伝える庄内地方の観光関係者

 山形県と山形県庄内地方の2市3町1村、同地域の官民でつくる「庄内観光コンベンション協会」は7日、東京都内でで、在京の旅行業関係者やマスコミ関係者らを招き「出羽庄内の地酒と旬の食による感謝の夕べ」を開いた。昨年開いた風評払しょくイベントの出席者に対し、旅行商品造成などへの謝意を伝えようと企画。秋冬の観光素材を紹介したほか自慢の地酒などで招待者をもてなし、観光誘客へのさらなる協力も求めた。

 イベントには、酒田市、鶴岡市、三川町、庄内町、遊佐町、戸沢村から、市長や商工会議所会頭など、行政、経済界のトップのほか、旅館・ホテルや観光施設の関係者らが出席。冒頭あいさつした榎本政規・鶴岡市長は、「昨年風評払しょくを目的に開いた『がんばろう東北 元気です出羽庄内 キックオフミーティング』を契機に、多くの皆さんにご協力いただき、大変感謝している。今日は庄内から多くの関係者が来ているので、どのようなもてなしを受けられるのかを、旬の食材とともに知っていただければ」と述べた。

 秋冬の観光素材の紹介では海辺のお宿一久の若女将、池田真知子さんと最上峡芭蕉ライン観光で船頭を務める星川遼子さんが、鶴岡が全国新酒鑑評会で、金賞受賞率全国1位の酒どころであることやこたつを備えた舟での最上川船下りの魅力などを紹介。また池田さんも会員である「やまがた庄内たび宿おかみの会」のメンバーら旅館・ホテル関係者も登壇し、「3月24日に日本海沿岸東北道が開通し、『あつみ温泉』の名を冠したインターチェンジもできた。便利になるが、その一方で通過を考えて誘客対策を考えていくので、協力を」などと訴えた。

 情報交換の場では、庄内の約20の蔵元の地酒のほか、「『食の都庄内』親善大使」を務める、シェフの太田政宏氏による月山筍などを使った料理、湯田川温泉の女将らによる、孟宗汁などが振る舞われ、招待者らは庄内の味覚を楽しみながら地元関係者らと懇談していた。

感謝を伝える庄内地方の観光関係者
感謝を伝える庄内地方の観光関係者
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram