尾瀬の魅力、魚沼市周辺など周辺自治体がPR

  • 2018年3月2日

尾瀬の周辺市町村が観光の魅力を紹介した

 尾瀬保護財団などが主催する「尾瀬に関する情報交換会」が13日、東京都内のホテルで開かれ、旅行会社やメディアの担当者などが参加した。周辺自治体などが尾瀬国立公園の豊かな自然や美しい景観、多様なルートをPR。山小屋や周辺地域に宿泊して、尾瀬の魅力を体験してほしいと呼びかけた。

 環境省によると、2017年の尾瀬国立公園の入山者数(登山者カウンター設置期間の5月中下旬~11月初旬)は、前年比2・6%減の28万4千人だった。雪が遅くまで残ったことや10月の台風などで入山者数が伸び悩んだ。

 尾瀬保護財団の須藤雅紀常務理事は「入山者数は2年連続で30万人を切ってしまったが、しっかりと魅力をアピールして、多くの人に尾瀬を体験してもらいたい」と述べた。

 尾瀬国立公園を取り巻く市町村は、魚沼市(新潟県)、南会津町(福島県)、檜枝岐村(同)、片品村(群馬県)。各自治体のトップが、尾瀬を中心とした観光についてプレゼンテーションした。

 檜枝岐村の星光祥村長は「朝夕の尾瀬の魅力は山小屋に宿泊しないと体験できない。宿泊を伴う尾瀬の旅行商品などを造ってほしい」と述べ、檜枝岐からの散策、三条ノ滝などの見どころをPR。南会津町の大宅宗吉町長は、町内から入山できる田代山について「山頂の湿原には高山植物など美しい景観が広がる。年間登山者は1万人ほどだが、もっと来てもらえるようにしたい」と語った。

 魚沼市の佐藤雅一市長は「子どものうちから自然に触れる機会がこれからの観光には重要」と述べ、魚沼からバスや奥只見湖遊覧船などを利用して尾瀬に向かうコースなどを紹介。片品村の梅澤志洋村長は、代表的な入山口の鳩待峠、富士見峠とともに、大清水から尾瀬に入るコースをアピール。都心や日光からのバスなどのアクセスについても紹介した。


 

関連する記事

ナショナルサイクルルート第1号に「ビワイチ」などが指定された。   琵琶湖岸等の美しい景観を楽しみながら行えるサイクリング「通称:ビワイチ」が、11月7日(木)…

続きを読む

東北観光推進機構(小縣方樹会長=JR東日本副会長)は10月31日、ホテルメトロポリタン山形(山形市)で、2021年4月から6カ月間にわたり開催される東北デスティネーション…

続きを読む

長野県阿智村は、「天空の楽園 Winter Night TourSeason2019」を開催する。 長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長:熊谷秀樹(阿智…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube