宿泊業のM&A解説 日本ナレッジセンター、都内でセミナー開催

  • 2020年8月22日

 日本ナレッジセンターは7月30日、「3時間でマスター 宿泊業M&A成功の極意」と題したセミナーを東京都内で行い、M&A実施の際に必要な知識や宿泊施設独自の論点を宿泊業に新規参入したい業者らに説明した。

 M&Aコンサルティング代表取締役の松栄遥氏は、「宿泊業を取り巻くビジネスモデルは変化しており、団体客重視から個人客のニーズを満たす時代となった。入念なマーケティングのもとで顧客分析を適切に行いながら、M&Aを検討するタイミングをしっかり見極める必要がある」と述べ、実際の成功事例を挙げながら、宿泊業におけるM&Aの重要ポイントを解説した。

 山田コンサルティンググループのシニアコンサルタント武藤良輔氏は、「ウィズコロナに向けて新しいオペレーション体制の構築が求められ、短期的には資金繰りを含めた経営・財務管理、中長期的には収益構造や事業戦略の見直しが必要になると想定される。『質の高いおもてなし』と『密の回避』はニューノーマル時代の新しい『おもてなし』となり、無人チェックインシステムなどに注目が集まっている」と、宿泊業界の現状と今後を指摘。

 「利益率や顧客満足度を含むサービス業の視点、運営利益率を含む不動産業の視点を念頭に置きながら、施設の種別・規模別に収益構造の各項目をしっかり把握しておきたい」と、M&Aを進める上でのポイントを詳細に明示した。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら