大韓航空、貨物好調で営業黒字

  • 2021年2月21日

 大韓航空は4日、2020年の暫定業績を発表した。売上高が前年比40%減の7兆4050億ウォン、営業利益が同17%減の2383億ウォン、純損益が2281億ウォンの損失となった。貨物の売り上げが同66%増の4兆2507億ウォンと好調。また、燃料コスト下落のほか、全社的な生産性向上や費用削減などに取り組み、コロナ禍での営業黒字を達成した。

 貨物事業部門では、大型貨物機23機の稼働率を同25%高め、旅客機の貨物機への改造などにも取り組み供給量を増加。新型コロナウイルスの検査キットや自動車部品の需要が増え、航空貨物の売り上げを押し上げた。

 営業費用は同40%削減。機内食事業やリムジンバス事業、ソウル市内の土地などの資産売却を進めている。

 純損失は純利息費用などの影響によるもの。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram