大分県、「六郷満山」の歴史などテーマに国東半島をPR

  • 2018年2月24日

パネルディスカッションが開かれた

 大分県は1日、国東半島の魅力を紹介するイベント「『開山1300年、今こそ知りたい六郷満山』~大分・国東半島の秘められた魅力~」を東京・銀座のアンテナショップ「坐来大分」で開催した。旅行会社やマスコミが参加。国東半島の関係者が六郷満山をテーマにパネルディスカッションを行い、国東半島の自然や六郷満山の歴史、食、文化などをアピールした。

 イベントでは冒頭、大分県東京事務所の平川暢教課長が「今年は六郷満山1300年祭や世界温泉地サミット、国民文化祭を開催する。首都圏からの来客が最近は減少しているが、コアな大分を知ってもらうことをきっかけに興味をもっていただきたい」とあいさつした。

 国東半島は、神仏習合の地「み仏の里」として知られ、今年は神仏習合の原点である六郷満山が開かれてから1300年となる。

 パネルディスカッションでは、パネリストとして天台宗蛾眉山文殊仙寺の秋吉文暢副住職、国東半島宇佐地域六郷満山開山1300年誘致キャンペーン実行委員会の吉田隆一事務局長、国東半島で竹細工などを作り販売するミカヰバンブーの麻生あかり社長が意見交換した。

 六郷満山の魅力について、秋吉副住職は「半島には183カ所の神社仏閣の霊場などが集まっている。神仏習合の文化は生活の中に溶け込んでいる。旧正月に行う火祭り『修行鬼会』などを体験してほしい」と紹介した。

 吉田専務理事は「鬼の面を展示して集客などを行っている。多くの神仏も残っている。食材は、日本一の生産量を誇るバジルや姫だこ、みかん、キウイなどがある」。麻生社長は「豊後高田の竹は質が良い。工芸品などを一度手に取ってほしい」と来訪を呼び掛けていた。

 現在、国東半島への観光客の受け入れとして、別府北浜と大分空港を結び、宇佐神宮などの観光を付けた「ろくごうライナー」の運行やタクシー、レンタカー助成、民泊の受け入れなどに取り組んでいる。


 

関連する記事

入り込み客数は0.4%増、3216万人 消費額は4133憶円、外国人宿泊153万人 山梨県が5日に発表した、「平成29年山梨県観光入込客統計調査結果」によると、昨年1年間…

続きを読む

日本観光施設協会(184会員)は4日、東京のチサンホテル浜松町で総会を開き、新会長に中村健治副会長(京都府・喜撰茶屋)を選出した。西山健司前会長は顧問に就任した。今年度事…

続きを読む

東北観光推進機構は11日、仙台市のホテルメトロポリタン仙台で通常総会を開き、新会長にJR東日本副会長の小縣方樹氏を選出した。小縣新会長は「観光の力で震災からの復興を遂げる…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会