地域の投稿 多言語発信 MATCHA、DMOなど対象に新サービス

  • 2022年10月28日

MATCHAの英語サイト

 インバウンドビジネスをサポートするMATCHA(東京都中央区)は、自治体、DMO、観光協会などが観光情報を簡単に多言語で発信できるサービス「MATCHAコンテンツ・マネージャー」(以下、MCM)の提供を開始した。地域が日本語で観光情報を投稿すると、5言語に即時翻訳され、MATCHAの訪日外国人向けウェブメディアに掲載される。投稿数に制限はなく、低廉な月額料金で利用できることから、人材や予算の不足に悩む地域に活用を呼び掛けている。

 MATCHAは、訪日外国人観光客向けのウェブメディアを10言語で展開している。同社によると、アクセスは世界227カ国・地域から月間663万ページビュー、333万ユニークユーザー。SNSのフォロワーはフェイスブックが104万人、インスタグラムは4万人という。

 新サービスのMCMでは、自治体やDMOなどが投稿した日本語の観光情報や記事が、英語、中国語簡体字・繁体字、タイ語、韓国語の5言語に即時翻訳され、画像や動画付きでMATCHAのサイトに掲載される。自動翻訳機能や独自の辞書登録機能を活用し、簡単に多言語コンテンツが作成できる。

 多言語サイトの制作・運営費に数千万円をかける事例もあるというが、MCMは初期費用はかからず、必要なのは月額利用料15万円。観光情報などのコンテンツは無制限に投稿でき、コストや手間を大幅に削減できる。年内には閲覧データなどを提供するサービスも開始する。

 MATCHAの青木優社長は「情報発信の予算もなく、専門人材もいないが、まずは基本的な情報を外国人に網羅的に届けたいと考えている自治体やDMOにお薦めだ。インバウンドが再開する中、情報発信の新たなインフラとして提案したい」と話している。

 現時点でMCMを導入しているのは、中央日本総合観光機構(中部・北陸エリア)、隠岐ジオパーク推進機構(島根県)、ニセコプロモーションボード(北海道)、岡山県観光連盟(岡山県)、かまいしDMC(岩手県)、三豊市観光交流局(香川県)の6団体。今後は、自治体やDMOだけでなく、宿泊施設、飲食店などの事業者向けのサービス展開も視野に入れている。


MATCHAの英語サイト

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram