國學院大、高山市と協定 観光まちづくりを推進

  • 2022年5月7日

針本学長(左)と國島市長

 今年4月に新学部「観光まちづくり学部」を開設した國學院大學(東京都渋谷区、針本正行学長)は4月18日、岐阜県高山市(國島芳明市長)と観光まちづくりの分野における包括連携協定を締結した。同大が保有する知的財産、人材、技能などと、同市の観光まちづくりに関する知識や経験などを生かして連携、協力していく。

 同大と同市と一般財団法人飛騨高山大学連携センターは、共同研究「持続可能な『観光まちづくり』に関する調査研究」に2021年度から着手。22年度は、包括的な連携、協力体制を進めることで合意し、今回の協定締結に至った。

 協定事項は「地域の活性化に関して」「地域社会や地域の歴史・文化の振興、発展に関して」「地域経済・地域産業の振興、発展に関して」「資源管理や環境への取り組みに関して」「国際交流と国際相互理解に関して」「人材育成や情報に関して」「その他、知見等や知的財産等を生かした連携及び協力体制に関して」の7点。

 高山市役所で挙行した締結式での会見で、同大の針本学長は「今月開設した観光まちづくり学部では、日本全国の地域と連携を深め、地域に軸足を置き、魅力ある地域づくり、魅力ある観光まちづくりのエキスパートを育てていく。そのさきがけとなる最初の包括的連携協定を、歴史と伝統のある高山市と締結できたことは、本学にとっても大変意義深い」とコメント。

 同市の國島市長は「これからの社会の中で、観光とまちづくりは関係人口をつくっていく上でも切っても切れないものだ。『観光まちづくり』をきっかけとして、将来的には多様な分野で國學院大と連携関係を構築していきたい」と話した。


針本学長(左)と國島市長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram