国連世界観光機関ガストロノミーツーリズム世界フォーラム、6月の奈良開催決定

  • 2021年11月12日

 国連世界観光機関(UNWTO)主催の第7回ガストロノミーツーリズム世界フォーラムの開催地に奈良県が選定された。日本で初。開催日は来年6月13~15日の3日間。ベルギー・ブルージュで開かれた第6回フォーラム(10月31日~11月2日)で発表された。

 ガストロノミーツーリズムは、その土地の食、食文化に触れることを目的とした観光。UNWTOではその普及のため、2015年以降、毎年、世界フォーラムを開催している。官民の関係者が一堂に会し、世界の観光や食文化について情報交換する機会であると同時に、開催地の食文化を世界に向けて発信するPRの場ともなる。

 世界フォーラムに関して観光庁は、奈良県を候補地として、さまざまな機会を通じて誘致活動を展開していた。

 主な会場は奈良県コンベンションセンター(奈良市)。出席者は、各国の大臣級を含む政府関係者、自治体関係者、観光関連事業者など、国内外から600人程度とみられる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら