商店街の隣接地に震災伝承館が開館 南三陸町

  • 2022年10月13日

 2011年3月の東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町。復興に向けたインフラの整備が進む中、町の中心「南三陸さんさん商店街」の隣接地に1日、震災伝承館「南三陸311メモリアル」が開館した=写真。「震災を通しての命の大切さを訴える」がテーマ。社会教育の一環として、修学旅行生や観光客ら多くの来訪が見込まれている。

 館内には地区住民の震災時の体験談の紹介や、震災遺物などの展示ギャラリー、アートギャラリーのコーナーが常設されている。設計は新国立競技場を設計した建築家の隈研吾氏。隈氏はさんさん商店街も設計している。

 川を挟んで震災復興祈念公園があり、両施設はデザイン性の高い「中橋」で結ばれている。公園は被災した町の旧防災対策庁舎を保存するほか、周囲を一望する丘が整備されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram