北海道、復興に476億5千万円計上  

  • 2018年10月9日

食と観光分野に4億7千万円

 北海道は9月28日、胆振東部地震の当面の復旧・復興対策費として476億5千万円を計上した補正予算を決定した。食と観光分野には4億7千万円を措置した。

 ライフラインやインフラ関係の復旧で、道路、河川などの土木施設に253億7300万円、林地、漁港、農業施設などの産業基盤に165億8300万円、文教施設などに5億3200万円を計上。生活再建関係では、避難所の運営や仮設住宅の整備などに34億1千万円、ガソリンスタンドの自家発電機導入や酪農家に対する配電盤設置の支援に7億5千万円などを盛り込んだ。

 これらに災害時の中小企業に対する融資枠400億円などを加えた計878億円をもって復旧・復興の緊急対策を進める。

 4億7千万円が措置された食と観光分野では、宿泊キャンセルなど大きな影響が出ている観光の風評被害の払拭と需要回復に向けた対策を緊急に実施することとし、国の支援が決定した「北海道ふっこう割」に2億円を充てる。また、国内外への誘客プロモーションやイベントの実施、航空会社へのトップセールス、PR資料の作成、各種媒体を活用した情報発信など食品面も含めた対策の推進に2億7千万円を充てる。
 

関連する記事

観光庁はこのほど、スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業として、秋田県と新潟県で実施される2件を選定した。訪日外国人のスノーリゾートへの誘客、日本人のスノースポーツ…

続きを読む

内閣府はこのほど、地域経済に関する年1回の報告書「地域の経済」をまとめた。地域経済に大きな変化をもたらしつつある「インバウンド需要の拡大」と「人手不足問題」の二つに焦点を…

続きを読む

観光庁はこのほど、住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく住宅宿泊事業者(民泊事業者)の2018年8月1日~9月30日の宿泊実績を発表した。届け出住宅1件当たりの宿泊日数(宿泊…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube