前期比23.6ポイントの大幅減 ホテル・旅館の大幅減

  • 2020年5月18日

 日本政策金融公庫はこのほど、ホテル・旅館、飲食など生活衛生関係営業の景気動向等調査の1~3月期分を公表した。同期のホテル・旅館の業況判断DI(前期比で業況が好転した企業割合から悪化した企業割合を引いた値)は前期(昨年10~12月期)比23.6ポイント減のマイナス52.2と大きく低下した。調査は2月中旬に実施したもので、新型コロナウイルスの感染が拡大した3月以降の判断は反映されていない。来期(4~6月期)の見通しDIはマイナス17.8と今期比34.4ポイント増を見込む。

 調査は3290社に郵送で行い、ホテル・旅館は180社が回答した。

 ホテル・旅館の主な回答は次の通り。

 「前期の台風19号の影響による宿泊の客足が回復しないまま、新型コロナウイルスの影響で予約キャンセルも出ている。宿泊だけでなく、年度末の各種宴会も自粛する動きが見られる」(今期、悪化、福島県)。

 「新型コロナウイルス感染症の拡大で訪日外国人が大幅に減っており、予約キャンセルの動きが多少出ているが、ビジネス宿泊と新年会の宴会需要でカバーしている」(今期、不変、埼玉県)。

 「昨年後半から続いている韓国人客の落ち込みに追い打ちをかける新型コロナウイルスの影響で、1月下旬だけでも100名以上の予約キャンセルが入り、2月以降も客室稼働確保の見通しが立っていない」(今期、悪化、大阪府)。

 「元々のシーズンオフに加え、新型コロナウイルスによる国内外の予約キャンセルが相次いでいる。衛生管理を徹底し、こんな時期に来てくれたお客さまに心からの感謝を込めて接客している」(今期、悪化、奈良県)。

 「新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国プロ野球やKリーグの春季キャンプが中止になり、宿泊予約が全てキャンセルになった。この時期にキャンプ観戦のファンも全国から訪れることから影響は相当に大きい」(今期、悪化、宮崎県)。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram