全旅連青年部、県部長サミットを開催

  • 2010年1月30日

サミットでは富士常葉大学大久保准教授(左端)のゼミ生らが青年部との合同合宿の模様もレポート

サミットでは富士常葉大学大久保准教授(左端)のゼミ生らが青年部との合同合宿の模様もレポート

 全国旅館生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(井上善博部長=福岡県・六峰舘)は14日、東京の都道府県会館で21年度第3回県部長サミットを開いた。「宿の地位向上委員会」担当のセミナーとして、旅館・ホテルの「職場力」を高めるための施策や、サービスを教育する大学が旅館・ホテル経営者に期待することなどを、それぞれの専門家が講義した。

 旅館・ホテルの販売促進などを手掛ける株式会社オブリージュの村橋克則社長らが、「旅館業界『職場力』の実態」と題して講演した。講演では、「お客さまを離さずキープするには、皆さん(旅館・ホテル経営者)のリーダーシップと従業員満足が必要。我々はこれを『職場力』と定義している」と説明。「変化の激しい時代、社長の力量と指導力だけですべてがうまくいかなくなった。従業員の意識を把握し、従業員が自ら考え、行動できる職場作りをする必要がある」と訴えた。

 また職場力を決める要素として従業員の安心感、達成感、連帯感を挙げ、従業員が社会人として、職場内で差別されることなく働ける環境を整えることや、働きに応じた処遇を行うこと、意見を気軽に言える場を整えることなどの重要性を説いた。

 富士常葉大学の大久保あかね准教授は「大学におけるキャリア教育の現状と旅館への期待」と題して講演した。

 大久保氏は、大学におけるキャリア教育が授業とインターンシップ(企業研修)の二本柱で構成されている現状を説明。特にインターンシップは「成長が強く実感できる」として、大きな教育的効果を指摘した。さらに「旅館は泊、食、エンターテイメントのすべてを網羅した総合サービス業」として、サービス業を目指す学生にとって旅館は格好の研修の場だと指摘。旅館・ホテル経営者に対し「人材育成機関としての旅館・ホテルに期待している。地元の大学と連携して、受け入れに取り組んでいただければ」と述べた。

 大久保氏は昨年12月、同氏のゼミと日本大学の学生、青年部宿の地位向上委員会のメンバーとともに長野県鹿教湯温泉で合同合宿を実施。講演では合宿に参加した学生らが合宿の目的や成果を報告した。

 合宿は青年部が「若者に旅館に泊まったり、働く魅力を感じてもらう」、学生が「旅館がどんな人材を求めているかを探る」ことを狙いに実施。青年部員と学生が温泉旅館の宿泊プランを作成する協同作業を行うなど、ディスカッションを通して相互の交流を深めた。

 セミナー第2部では青年部広報委員会が、青年部のSNS(インターネットの会員制コミュニケーションサイト)「yadomo!」の活用方法を説明した。

 会の冒頭、井上部長は「旅館・ホテル業の誇り、仲間の絆、友情を大切に今年1年がんばってまいりたい。今年は第20回青年部全国大会が島根県で開催される。『誇り、絆、友情』を感じるために、島根の地にぜひ足を運んでいただきたい」と述べた。

サミットでは富士常葉大学大久保准教授(左端)のゼミ生らが青年部との合同合宿の模様もレポート
サミットでは富士常葉大学大久保准教授(左端)のゼミ生らが青年部との合同合宿の模様もレポート
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram