全国企業の景気DI、8ヵ月連続で悪化

  • 2019年8月14日

旅館・ホテルも減に

 帝国データバンクはこのほど、全国企業対象の景気動向調査の7月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月比0.5ポイント減の44.6と、8カ月連続で悪化した。「国内景気は後退局面入りの可能性が高まってきた」と同社。業種別では、旅館・ホテルが同4.6ポイント減の40.3と、2カ月連続で悪化した。

 DIを10の業界別に見ると、6業界が悪化、3業界が改善、1業界が横ばいだった。このうちサービスは前月比横ばいの50.8。サービス15業種では、旅館・ホテルを含め、飲食店、人材派遣・紹介など11業種が悪化。改善は娯楽サービスなど4業種のみだった。

 10の地域別では、7地域が悪化。改善は北海道、九州の2地域で、北関東が横ばいだった。

 景況感に関する企業の主な声は次の通り。

 「好調だったインバウンド需要の伸びが急減速している。問題を抱える韓国や景気減速のタイからの観光客が減少。また梅雨が長引くなど天候不順でレジャー需要全体が低迷している」(現在、悪い、自動車賃貸)。

 「韓国からの観光客数減少と貿易摩擦の影響を心配している」(現在、悪い、ビルメンテナンス)。

 「東京五輪に向けてインバウンドが伸びている」(先行き、良い、旅行代理店)。

 「韓国との関係悪化に伴う予約キャンセルや予約の減少などが、どの程度影響するのか現時点では不明」(先行き、どちらでもない、旅館)。

関連する記事

MGMリゾーツは22日、大阪IRの実現に向けた会長声明を発表した。 MGMリゾーツ・インターナショナル(本社:ネバダ州ラスベガス、NYSE: MGM)は、2019年8月2…

続きを読む

マリオット・インターナショナルは6日、オールインクルーシブタイプのリゾートを新たに5軒建設すると発表した。 ​今日のホスピタリティ業界を牽引するマリオット・インターナシ…

続きを読む

「みちのく和婚」の空地音ハーモニーは8日、山形 の神社での結婚式事業「やまがたの花嫁」を開始した。 江戸時代大流行し、いまも女性を中心に人気の「東の奥参り」。山岳信仰の聖…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube