信州大学とWILLER、地域モビリティシステムの共同研究を開始

  • 2020年8月11日

 信州大学とWILLERは、地域モビリティシステムの共同研究を開始したと発表した。

 信州大学(所在地:長野県松本市、学長:濱田州博)とWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:村瀨茂高)は、長野県内市町村における地域毎の課題解決のためのMaaSソリューションを提案することを目的に共同研究を開始しました。(研究期間:2020年4月~2021年3月(以降継続も検討))
 長野県では、特に中山間地域を中心に人口減少や高齢化による、交通ネットワークの脆弱性とまちの交流の減少といった課題が顕著になっています。これらを解決するソリューションのひとつとしてMaaSがありますが、地域自治体や住民の皆様にとってこうした先進技術は距離が遠く感じられ、また何ができるかがよくわからないというのが実態であり、政策に反映する機会が少ない状況です。

信州大学は、地元自治体や地元企業との連携活動を積極的に推進しており、周辺地域における様々な課題を解決するために、実態把握や課題把握、勉強会実施等による理解促進や意識醸成を行っています。
WILLERは、日本・ASEANで培ってきた『MaaS』『自動運転』『オンデマンド型シェアバス』によって交通の効率化を図り、少子高齢化による利用者減や労働力不足等の課題を解決するとともに、安全・安心かつ質の高い交通サービスを目指し開発しています。昨年、国内ではMaaSアプリをリリースし、海外では自動運転やオンデマンド型シェアバスの交通サービスを商業化しています。

両社の強みを活かし、長野県内市町村における実用性の高いサービス実現を目指し、交通の最適化、まちの交流の増加、地域内での経済活性化等の課題を研究し、マイカーに依存しない交通ネットワークの創出や新たなモビリティサービスの開発と実証実験を実施します。
本共同研究によって、これからの生活スタイルに合わせた利便性の高い生活に必要な移動手段を確保し、それによる交流の創造と移動総量が増加することで、地域経済活性化に貢献することを目指しま

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram