企業の事業継続計画、策定15%にとどまる

  • 2018年7月8日

 帝国データバンクはこのほど、事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査を行った。BCPを策定している企業は14.7%にとどまり、「現在策定中」や「策定を検討している」企業を合わせても44.9%と半数に満たなかった。業界別ではサービスが18.1%。従業員別では数が多いほど策定が進んでいる。

 調査では、BCPを「策定していない」が最も多く45.6%。以下、「策定を検討している」22.8%、「策定している」14.7%、「分からない」9.5%、「現在、策定中」7.4%。

 策定している割合は前年調査(14.3%)から0.4ポイント上昇。ただ、2年前の2016年調査(15.5%)から0.8ポイント低下している。

 BCPを策定している企業を9の業界別に見ると、金融が39.0%と最も高い比率だった。次いで、農・林・水産21.2%、サービス18.1%、製造15.9%、運輸・倉庫15.7%―など。最下位は不動産の10.3%だった。

 従業員数別では、千人超が46.0%と半数近くが回答。ただ、数が減るごとに回答割合も減り、301~千人が39.7%、101人~300人が26.6%、51~100人が20.8%など。5人以下の企業は4.5%にとどまった。

 企業からは「自社の人員体制や組織等が明確になった」(娯楽サービス)と、BCP策定の効果を述べる一方、「小規模企業の場合、実践的に使用できるのか疑問が残る」(一般貨物自動車運送)という実効性を疑問視する声が挙がっている。

 BCPを既に策定、または策定を検討している企業に、どのようなリスクにより事業継続が困難になると想定しているか複数回答で聞いたところ、地震、風水害、噴火などの「自然災害」が69.1%と突出して高かった。以下は「設備の故障」40.7、「火災・爆発事故」35.4%、「情報セキュリティ上のリスク」35.1%、「自社業務管理システムの不具合・故障」34.8%など。

 サービス業に限ると、自然災害が67.5%、情報セキュリティ上のリスクが55.3%、「情報漏えいやコンプライアンス違反の発生」が46.6%と、情報関係の回答が増える。

 BCPを策定または策定を検討している企業に、事業が中断するリスクに備えてどんなことを実施または検討しているか、複数回答で聞いたところ、「従業員の安否確認手段の整備」(71.2%)、「情報システムのバックアップ」(62.3%)、「事業所の安全性確保(建物の耐震補強、設備の転倒・落下対策など)」(44.5%)などが上位に挙がった。

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、全国中小企業動向調査の2018年10~12月期分を公表した。小企業の業況判断DIは前期(18年7~9月期)比6.3ポイント増のマイナス19.3…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、「人手不足倒産」の動向調査を行った。昨年1年間(2018年1~12月)の人手不足倒産(従業員の離職や採用難により収益が悪化したことなどを要因と…

続きを読む

昭文社の「MAPPLEアクティビティ」は12日、「dポイント」サービスと提携したと発表した。 株式会社昭文社は、株式会社NTTドコモが提供する「dポイント」サービスと、現…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube