中小企業の売上DI、改善も厳しい状況に

  • 2009年4月11日

 日本政策金融公庫はこのほど、中小企業景況調査の今年3月分の結果を公表した。それによると、同月の売上DI(増加とする企業割合から減少とする企業割合を引いた値、季節調整値)はマイナス42.7で、前月のマイナス44.6から1.9ポイント改善した。ただ、07年7月以来、21カ月連続で減少超(マイナス値)が続いている。公庫では「中小企業の景況は悪化が続いている」とコメントしている。

 調査は3月中旬、3大都市圏の同公庫取引先900社に行った。有効回答数は594社で、回答率66.0%。

 売上DIは01年を底に上昇基調に転じ、04年からプラス値とマイナス値の境界線上で推移してきたが、08年後半から一気に低下した。

 今後3カ月の売上見通しDIはマイナス39.8で、前月のマイナス46.9から7.1ポイント改善したが、9カ月連続でマイナス値が続いている。

 利益額DIはマイナス50.2で、前月比5.1ポイント減。21カ月連続でマイナス値が続いている。

 黒字の企業割合から赤字の企業割合を引いた値はマイナス23.5で、前月のマイナス19.0から4.5ポイント、マイナス幅が拡大した。これで3カ月連続の赤字超となった。

 資金繰りDI(余裕とする企業割合から窮屈とする企業割合を引いた値)はマイナス15.7で、前月から4.5ポイント、マイナス幅が縮小したものの、19カ月連続で窮屈超が続いている。

原油価格高騰の影響
8カ月連続で低下
 調査では原油・石油製品の価格高騰による影響も聞いた。それによると、同製品の価格高騰で収益に影響を受けているとする企業の割合は52.9%で、前月比1.3ポイント低下。8カ月連続で比率が低下した。

 「大きく圧迫」が8.8%で、前月比1.3ポイント減。「やや圧迫」が44.1%で、前月と同率。「ほとんど影響なし」が47.1%で、同1.3ポイント増加した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram