【データ】世界16地域 有給休暇・国際比較調査 2021 エクスペディア調べ

  • 2022年4月8日

 エクスペディアは3月28日、「世界16地域 有給休暇・国際比較調査 2021」の結果を発表した。 

世界の大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディア(https://www.expedia.co.jp/)では、毎年恒例の「有給休 暇
の国際比較調査」を世界 16地域 14,544名を対象に実施しました。
  • 日本の有給休暇の取得率、6年ぶりに改善

2021年は2020年に引き続き、新型コロナウイルス感染症が世界中の人々の生活に多大な影響を及ぼしました。エクスペディアが実施した「有給休暇の国際比較調査」によると、日本で働く人の有給休暇の取得率は6年ぶりに改善、過去11年の調査の中で最高の取得率(2015年と同率)となりました※。2015年の60%以来、有給休暇の支給日数は20日間のまま、取得率が45%~50%を推移していましたが、2021年は支給日数20日間のうち、12日間取得しており、60%となりました。
コロナ禍における有給休暇の取りやすさについて聞いたところ、半数以上の人が「変わらない」と回答しましたが、約3割の人は「取りやすくなった」と回答しています。コロナ禍において、在宅勤務が増えるなど働き方の変化が今回の有給休暇取得率の改善に関係しているかもしれません。
世界の他の地域と比べると、日本の有給休暇の取得率が十分高いとはまだまだ言えませんが、これまで世界の中でも最も低い状況が続いていた中で良い変化が生まれたことは、日本において有給休暇取得に改善の兆しが見えると言えるでしょう。                 ※過去の調査結果の詳細は最後のページに纏めています

 

  • 有給休暇取得の義務化から2年!2022年は「15日」有給休暇を取得予定

2022年の有給休暇の取得予定について聞いてみると、日本で働く人の取得予定の中央値は「 15日」と なりました。2021年の有給休暇取得数は「 12日」だったことから、有給休暇の取得率が過去 11年の調査 の中で最高値だった昨年よりさらに多くの有給休暇を取得する予定であることがわかりました。 2019年4 月から有給休暇取得が義務化されましたが、その影響もあるかもしれません。
さらに、日本で働く人の有給休暇に対する意識にも変化が見られます。「以前にも増して、休暇を大切に するようになったか」という質問に対し、 77%の人が「はい」と回答しました。休暇を重要視するようになっ たことも有給休暇の取得率の改善につながったのかもしれません。

  • 日本、休暇中のステイホーム率2年連続世界1※!ステイホームで休息できる人割合ワースト2

直近で取った休暇の過ごし方について聞いてみると、日本で働く人の 74%が「旅行はせず、ステイホー ム」と回答、昨年同様 ※世界で最も多い割合となりました。また、 35%が2022年における有給休暇の取得 に関して、「休暇のうち最低 1回は旅行せず、ステイホーム予定」と回答、こちらも世界で最も多い割合でし た。
一方で、ステイホームでも、旅行した時と同様に休息できるか聞いたところ、日本で働く人の 61%が「は い」と回答しましたが、これは世界で 2番目に低い割合となりました。世界と比較してステイホーム率は高 いものの、日本で働く人はあまり休息できておらず、旅行ができる日を心待ちにしているのかもしれません。

  • 世界では有給休暇の取得にコロナが影響

有給休暇を取得しない理由について聞いてみると、日本で最も多い回答は「人手不足など仕事の都合上難しいため(20%)」でした。次いで、「新型コロナウイルス感染症の影響でどこにも旅行ができないため(16%)」、「個人的な都合で難しいため(14%)」という回答になりました。
一方で、全世界の回答の平均を見てみると、最も多い回答は「新型コロナウイルス感染症の影響でどこにも旅行ができないため(28%)」、次いで「新型コロナウイルス感染症への懸念があったため(20%)」、「来年さらに長い休暇を取るために取っておくため(17%)」でした。世界では、新型コロナウイルス感染症が有給休暇の取得に大きく影響している一方で、日本における影響は他の地域と比較すると少なかったようです。

  • 旅行がしたい!日本で2022年の国内旅行を予約済みの人の割合 世界3位

2022年の旅行計画について聞いたところ、日本で働く人の約5人に1人が「国内旅行をすでに予約済み」と回答、世界で3番目に多い割合となりました。すでに旅行を計画し、予約している人もおり、旅行に対して意欲的のようです。
また、エクスペディアにて、2021年1月1日から2021年12月31日の期間、検索された2022年の国内旅行先※※を見てみると、1位に「東京」、2位に「沖縄」がランクイン。さらに、海外旅行先を見てみると、1位に「ハワイ」、次いで「バリ(インドネシア)」、「パリ(フランス)」、「ロンドン」などがランクイン。気軽に海外へ行けるようになった時のために計画を立てているのかもしれません。

■ アンケート概要

■サンプル数  : 計14,544名/16地域
■調査対象  : 日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、
オーストラリア、 ニュージーランド、香港、マレーシア、シンガポール、韓国、タイ、台湾
■調査期間  : 2021年12月14日~12月30日
■調査方法  : インターネットリサーチ
■調査会社  : Northstar Research Partners
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。

■ 過去の調査結果

※過去の調査は以下の通りです。
2020年版①:https://welove.expedia.co.jp/press/50614/
2020年版②:https://welove.expedia.co.jp/press/50654/


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram