リョケンの旅館短観、単価上昇も客数伸びず

  • 2013年2月9日

 コンサルタントのリョケンはこのほど、四半期ごとに行っている旅館・ホテル短期観測アンケート調査の12月実施分を公表した。昨年秋(9〜11月)の宿泊単価は上昇傾向とする施設の割合が前年調査から増加。ただ、客数は増加傾向が約3割で、前年の約4割を下回った。この冬(1〜3月)の見込みは、宿泊単価は前年並みだが、客数傾向は横ばいまたは減少で9割近くを占めている。

 昨秋の自館の客数実績は、増加傾向が29.2%、横ばい傾向が27.4%、減少傾向が43.4%。前年調査では、増加傾向が41.1%、横ばい傾向が25.0%、減少傾向が33.9%だった。

 地域全体の客数実績も、増加傾向が15.4%と、前年調査の29.5%を下回った。

 自館の客数実績を地区別にみると、関東の増加傾向が68.8%と、高い数字になっているのが目立つ。

 半面、東北の一部や関東を除く全ての地域で減少傾向が5割以上となった。回答者からは「団体旅行・ツアーの減少から、宿泊客数が減少した」とのコメントが多かった。

 昨秋の宿泊単価は、基本宿泊単価、総宿泊単価ともに上昇傾向の回答が増加。基本宿泊単価は、上昇傾向が24.3%で、前年調査の17.9%から6.4ポイント増えた。

 一方、この冬の見込みをみると、自館の客数傾向で増加傾向とする施設が11.3%にとどまった。横ばい傾向が47.2%、減少傾向が41.5%で、この二つを加えると88.7%と9割近くを占める。「先の見込みを把握しづらくなっている様子がうかがえる」(リョケン)。

 宿泊単価は、基本宿泊単価、総宿泊単価ともに横ばい傾向が6割台を占める。下降傾向は2割台で、上昇傾向は1割に満たない。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram