サードエイジスタイルが中国人集客セミナー開催

  • 2009年9月5日

日中コミュニケーションの可越社長

日中コミュニケーションの可越社長

 観光・旅行関連コンサルティングのサードエイジスタイル(東京都墨田区、久留一郎社長)は8月28日、第3回セミナー「中国人個人観光客向けビザ解禁!中国人観光客集客のための傾向と対策」を都内で開いた。旅行会社、ホテル、証券会社、メーカーなど幅広い業種から25人が参加。中国人インバウンドへの関心の高さがうかがえた。

 日本政府観光局(JNTO)のメディアコンサルタントで、ヨドバシカメラの中国人誘客アドバイザーもつとめる可越・日中コミュニケーション社長は「中国観光客とのコミュニケーションの課題と対策」について話した。

 「中国人富裕層と呼ばれる人達は高学歴者が多い。観光業界、小売業界にはハイレベルの客層を迎え入れるという意識をもって欲しい」と提案した。具体的には、案内看板、パンフレット、ホームページなどで使われている中国語に間違いが多すぎると指摘。「〜するな」といった命令調の失礼な表現や、下品な言葉遣い、意味不明の表現を、日本を代表する大企業や観光地でも気づかずに使っている例が散見されるとした。「中国人なら誰でも翻訳ができると考えるのは間違い。正しい中国語はコンサルタントや記者出身者など言葉のプロにまかせるべき」とアドバイスした。

 梶原文生・都市デザインシステム社長は「ホテル再生コンサルタントが語る 中国人観光客に人気のホテルとは」と題して講演した。中国人富裕層について「個人査証発給の参考基準とされている年収25万元以上の層は、日本人では年収1千万クラスになるが、中国ではその6割が30歳代」と解説。その上で「消費意欲が旺盛で、商品購入や旅行にはネット、クチコミ、友人知人の紹介など多次元に情報収集をして意思決定している層」とした。とくに「家電、アニメ、化粧品、ブランド品に関心が高く、日本には(中国と違って)偽物がないという安心感を持っている」と話した。

 主に団体のインバウンド誘客のため同社がホテルに提案、実施した具体例も紹介した。大阪のホテルのリノベーションでは、13平方メートルのシングルルームをベッド2台のツインルームにした。また50平方メートルのツインルームにはリビングスペースに畳を入れて、3人分の布団を敷けるようにし、定員5人の客室にしたという。単価の安いインバウンドレートに対応しながらも平均客室単価と稼働率を向上させた成功事例として紹介した。

日中コミュニケーションの可越社長
日中コミュニケーションの可越社長

関連する記事

電通は8日、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」を始動すると発表した。 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本敏博)は、日本の伝統文化の…

続きを読む

日本政府観光局(JNTO)は10月30日、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイを拠点に中東地域に幅広い路線を持つ航空会社、エミレーツ航空と訪日旅行の促進に関する協力の覚書を…

続きを読む

世界的な旅行ガイドブック「LonelyPlanet」(ロンリープラネット)がこのほど発表した2020年に訪れるべき世界の旅行先のランキング「BestinTravel…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube