エクスペディア、2018 年上期のインバウンド動向の分析結果を発表

  • 2018年9月9日

 エクスペディアグループは、2018 年上期のインバウンド動向の分析結果を発表した。インバウンド需要が地方都市で急増した。宿泊予約が青森で180%、熊本、宮崎、宮城で 100%増加。アイルランドとメキシコからの訪日客は三桁増加した。

Expedia.comHotels.com®、Travelocityなど200超のオンライン旅行プラットフォームを世界75 カ国以上で35言語展開するオンライン旅行会社のエクスペディア グループ(以下、エクスペディア)が、2018 年上期における訪日旅行者のオンライン予約動向について分析[1] したところ、東京都、大阪府、京都府以外の地域への需要が前年同期比平均 45% 増となり、急速に拡大していることが分かりました。

 

東北・九州への需要が増大

インバウンド需要の高い主要三地域(東京都、大阪府、京都府)を除く地方で、2018年上期需要のトップ5は昨年同様、沖縄県、福岡県、北海道、愛知県、千葉県でしたが、同5地域が主要三地域を除く全体の約半数を占めました。前年同期比の伸び率としては北陸、九州が顕著で、青森県 180%増、熊本県 100%増、宮崎県80%増、宮城県80%増。これに続いて、山梨県 75%増、福岡県および静岡県65% 増、広島県55% 増、長野県および岡山県50%増、大分県45% 増でした。

 

また、平均客室単価についても青森県は前年同期比40%増を記録。二桁の伸び率としては、宮崎県20% 増、大分県15%増、佐賀県15%増、福岡県10%増でした。

 

アイルランド、メキシコからの訪日旅行者が大幅増

地方を訪れる訪日旅行者は、韓国、香港、米国、台湾、オーストラリアが引き続き大部分を占める一方、新たな国からの需要も増大しました。特に、アイルランドとメキシコは三桁増という飛躍的な伸びを見せ、地方のインバウンド需要増加に貢献しています。アイルランドはさらに、前年同期よりも 10% 以上高い平均客室単価を記録しました。

 

地方への旅行者需要が増加した国には、タイ (70%増)、ニュージーランド (50%増)、デンマーク (50%増) も含まれ、タイとニュージーランドの平均客室単価は前年同期比 5%増となっています。

 

これら訪日需要における新興国からの予約を宿泊施設が取り込むためには、宿泊予約のリードタイムを念頭に置く必要があるでしょう。訪日旅行者が地方の宿泊施設に入れる予約は平均 47 日前ですが、タイ、イタリア、ニュージーランド、ブラジル、スペインからの場合はさらに早く平均60 日前に予約されています。

 

パッケージ予約は、韓国、ブラジル、ドイツ、フランスで三桁増

地方へのパッケージ予約は前年同期比 20%増となり、パッケージ予約をする訪日旅行者の多かった国は、韓国、ブラジル、ドイツ、フランスでいずれも三桁増でした。パッケージ予約は、宿泊施設のみの予約と比較すると、予約のリードタイムが早く、滞在期間も長くなる傾向にあるため、パッケージ商品を提供することは地方の宿泊施設にとって非常に有効です。地方のパッケージ予約のリードタイム平均は 52 日前 (宿泊施設単体では 45 日)、平均滞在日数は 3 日 (宿泊施設単体では 2 日強) です。また、パッケージ予約の平均客室単価は宿泊施設単体の予約よりも約5% 高く、さらにパッケージ商品は航空券が返金不可のため、予約のキャンセル率が 30% 低くなる傾向があります。[2]

 

エクスペディアの提携宿泊施設の一つ、福岡県の「博多東急REIホテル」で予約責任者を務める大岡恭平氏は「エクスペディア グループが提供するサービスを積極的に活用することは、さまざまな面で当ホテルに利益をもたらしています。近年、香港、米国、シンガポール、カナダ、英国など、予約が入る国が増えました。提携宿泊施設向け管理用画面からで閲覧できるリアルタイムのデータもフル活用しています。毎日管理画面にログインすれば、予約状況の確認はもちろん、料金設定や在庫の戦略を立てたり、お客様からのご要望に素早く返信することもできて便利です」と話しています。

 

エクスペディアホールディングス株式会社代表取締役でロッジング パートナー サービス日本・ミクロネシア地区統括本部長を務めるマイケル・ダイクスは「エクスペディア グループが展開するオンライン旅行プラットフォームにおいて、地方の宿泊施設数が増加していることは喜ばしいことです。弊社の提携宿泊施設になっていただくことで、私たちのサイトを訪れる月間 6 億 7,500 万人に上る世界中の旅行者にアピールすることが可能です。今後もインバウンド関連機関・団体、地方自治体とも連携し、地方への訪日旅行者数の増加を目指していきます」と述べています。

以上

 

[1] 国内宿泊予約に関するエクスペディア グループの2018 年 1 月~2018 年 6 月のデータを前年同期と比較

2 東京、大阪、京都以外の地域の宿泊予約に関するエクスペディア グループの2018 年 1 月 ~ 2018 年 6 月のデータを前年同期と比較

 

エクスペディア グループについて

エクスペディア グループは、世界規模の旅行プラットフォームを提供しています。私たちは旅行予約に関わるさまざまな障壁を取り除き、旅行をより簡単に、より楽しく、より実現しやすくしています。世界中の旅行者と私たちのビジネスパートナーをつなぎ、当社のプラットフォームと技術力を活用しながら、多種多様なブランドおよびビジネスポートフォリオを展開して、世界中のさまざまな地域からワールドワイドな移動と旅行体験をお届けします。エクスペディア グループが保有するブランドは、Brand Expedia®、Hotels.com™、Expedia® Partner Solutions、Egencia®、trivago®、HomeAway®、VRBO®、Orbitz®、Travelocity®、Wotif®、lastminute.com.au®、ebookers®、CheapTickets®、Hotwire®、Classic Vacations®、エクスペディア グループ™ Media Solutions、CarRentals.com™、Expedia Local Expert®、Expedia® CruiseShipCenters®、SilverRail Technologies, Inc.、ALICE and Traveldoo® が含まれます。

[1] 国内宿泊予約に関するエクスペディア グループの2018 年 1 月~2018 年 6 月のデータを前年同期と比較

[2] 東京、大阪、京都以外の地域の宿泊予約に関するエクスペディア グループの2018 年 1 月 ~ 2018 年 6 月のデータを前年同期と比較

関連する記事

JR東日本グループは、寄附講座「インバウンド観光ビジネス創造論」を慶應義塾大学経済学部に開設する。 ○JR東日本グループは、「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)…

続きを読む

訪日客向けチャットボットのビースポークは、災害時サポート機能の提供を開始した。 株式会社ビースポーク (本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川 明美) は、1日3万5千人の…

続きを読む

大阪―釜山間を運航するフェリー「パンスタードリーム号」が、台風21号の影響で運休した関西国際空港発着便の代替機能を果たした。空港閉鎖後の5日、飛行機で帰国できなくなった韓…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!